So-net無料ブログ作成
検索選択

途方に暮れる [歳時記]



よく深夜にベッドでiPadでユーチューブのオールドソングを聴いています。でも、最近は著作権の問題で無くなる動画が多くて残念です。この曲は出た頃、斬新なんで気に入りました。「途方に暮れる」と言うのがいいタイトルです。

歳を取ると途方に暮れることにも慣れっこになりました。だから途方に暮れても、外見上は平然としています。でも内心は途方に暮れています。この歳になっても色々なことがあるもんだと思います。呆けるまで途方に暮れ続けることになるでしょう。

途方に暮れて立ちすくむだけでは、ただのアホですから、精一杯もがくわけですが、それでも解決しないことが多いのです。では解決しないことはどうするか?それは先送りしかありません。先送りでいっそう悪化するかもしれませんし、なんだか知りませんが落ち着くところに落ち着く場合もあります。

それは神のみぞ知るです。


仙台空港 [歳時記]

先日、名古屋から友人が飛行機で来るというので空港で待っていました。しかし、濃霧で到着地変更となり会えませんでした。その友人は大学生の頃に一度来たことがあり、来れば40年ぶり以上の東北での再会となったのですが。

いつもは名古屋で会っています。今回は山形への出張のついでに仙台で飛行機で来て、私と会食したら山形に向かう予定でした。仙台空港は春から夏にかけてはよく濃霧で離着陸不能となります。いわゆる海から吹き付けるヤマセ(山背)です。

ヤマセは、冷気を含んだ湿った海から陸に向かって吹く霧で、長期化すると東北の冷害の原因にもなります。東北は首都圏や関西圏とは違い隣の県が外国並みに遠く感じる交通の便の悪さがあります。山形に行くのにわざわざ仙台まで来てくれるとは気持ちだけでも有り難いと思いました。

IMG_6154.jpg
沿岸部に行くとこんな感じでヤマセが海から吹き上がってきていました


おかげさまで [歳時記]

このblogのアクセス数はおかげさまで、140万ほどになりました。数年前に古い記事をカットしたので一時の勢い?はないですが、駄文偏向文をお読み頂きありがとうございます。姉妹blogの医療関係者向けも100万弱となり、今はこちらの方が日々のアクセス数は多いのですが、両方で200万アクセスなればと思っていたら、いつの間にかそれも越していました。これからもよろしくお願いします。

CategoryImage.png


甦える大地 [歳時記]

家族が住んでいる関係で、茨城県の鹿嶋によく行きます。鹿嶋と言えばコンビナートです。いつも思い出すのは、石原裕次郎の映画の傑作「甦える大地」です。裕次郎映画と言えば、「黒部の太陽」が有名ですが、この「甦える大地」が傑作だと思います。

それまでの昔からの貧しい半農半漁の鹿嶋地域に大規模な工業コンビナートを誘致建設して工業団地と農業団地を開発し豊かになる夢を描いた映画。しかし夢は夢であり、現実は大規模なコンビナート工場群の出現とともに林立するバー、スナック、パチンコ屋等の歓楽街。そしてそこに乱れ飛ぶ札束と群がる人々。

先日、知らずに鹿嶋コンビナート群を縫う道路を自家用車で走りましたが、周りの車の粗い運転に仰天。路面にゼブラ模様に見える減速帯加工がしてあっても、そんな段差などお構いなし音を立てて加速してブッ飛ばして行く周りに車にビックり。

映画の後半で豊かな農業団地の創生を意図した茨城県職員役の裕次郎が、そんな刹那的な歓楽街を見る寂しげな眼差し、、、、、周りの粗い運転にビックリしながら「甦える大地」を再び思い出しました。

IMG_5912.jpg

ちなみに鹿嶋には今でもコンビナートはあっても映画館がない。素晴らしいサッカースタジアムはありますが。映画では用地買収が遅々として進まない状況に業を煮やした国が、辣腕の建設省官僚を派遣して用地買収を敢行し開発を断行。この官僚役が名優三國連太郎で、はまり役でした。私が高校の頃に見た映画。実際の鹿嶋開発は「農工両全」と「貧困からの解放」をスローガンに当時の金で5000億円を超える国家プロジェクトだった。


甦える大地 [Blu-ray]

甦える大地 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



最近のガソリンスタンド [歳時記]

いつものガソリンスタンドでガソリンを入れていると、店長がやってきた。最近、このガソリンスタンドもセルフスタンドになったのですが、セルフでガソリンを入れさす上に、セールスがウルサくなりました。

土日などに行くと、客がセルフでガソリン入れているのに、セールスレディー(というか主婦のバイトおばさん、いやレディーですが)がつきまとって、やれ洗車券買えだの整備してけだのでガソリン入れるのに邪魔(苦笑)。

今度はなんのセールスかと店長の話しを聞くと、腰が痛いと。こちらが医師であることを知っているので、前も風邪(肺炎)の相談を受けたことがある。症状を聞いて、対応を指示するのですが、そりゃ安静しかないねと言うと、ずっと仕事なんですと。じゃあ治らんよと述べると、社長に言っておきますとか。

この手の医療相談は米国では、電話で受けても後から診察料の請求が行くのが普通。でも日本はそうではない。客にガソリンを入れさせておいて、つきまとうセールスやら、挙げ句は医療相談もさせられて、最近のガソリンスタンドはサービスが低下している(笑)。


BOY MEETS GIRL のサブカルチャー [歳時記]

夏が来ます。いや来ているのか?最近、東北でさえ暑い。暑いとコークでしょう、、ペプシもいいけど。歴代のコカコーラの宣伝で印象的なのは BOY MEETS GIRL です。



サブカルチャージャパンとしては↓これもいい。


サブカルチャーならこれもいい。DANCEROIDのは↓これ。


trfの BOY MEETS GIRL をご存知ないなら貴方は若い。WORLD ORDER をご存知ないなら貴方は真っ当だ。DANCEROID もご存知ないなら貴方は健全だ。三つともご存知なら貴方は危うい、、、


今週はもう6月 [歳時記]

いつの間にか、今週は6月に入ります。ついこの間、年が明けた思っていたらもう今年も半分過ぎてしまう。やっぱりシニアにとっては光陰矢の如しです。年が明けて半年で、いったい自分は何をなしたか?うーん、、、まあ、半年、現状維持に努めただけで満足すべきか?チト寂しいなあ。

世は色々ありますが、マイペースで淡々とやるのが良いようで。怒らず、騒がず、サボらずでやりましょう。

IMG_5641.jpg
宮城県国道347号線 大崎から鍋越峠への道路


シンプルが良かった [歳時記]

愛用していたスタバのタンブラーが破損したので、新しいタンブラーを買ったのですが、ちょっと欲をだして保温機能のある某メーカーのタンブラーにしました。ところが、そのタンブラーは内側の保温の為の塗料が少しずつ剥がれてきました。

珈琲を飲みながら塗料も一緒に飲んでいるのか?と思うと不快なので、そのタンブラーは破棄。結局、またシンプルなスタバのタンブラーを買ってきました。シンプルな息の長い製品はダテに息が長いわけではないのですね。でも昔と微妙に違う。進歩はしていますね。進化とは言わない。進化するとタンブラーに脚が生えて歩き出すと困る。

通販で買おうと思ったらイヤに高い。これは無いだろうとスタバに久しぶりに行って買いました。買うと一杯オマケで珈琲が飲めました。そうだったタンブラー買うとサービスで一杯飲めるんでした。オマケの一杯はすこぶる美味しかったです。

IMG_5397.jpg


さんさん商店街 続き [歳時記]

IMG_5365.jpg

さんさん商店街の裏手には建設中の堤防の間から、震災遺構として残す予定の南三陸町の防災対策庁舎が見えました。個人的に言えば私はこれは残す必要はないと思います。残すのに莫大な予算がかかりますし、新しい堤防工事の邪魔にもなる。震災の記憶を残すなら映像資料館を作るとか精巧なジオラマを残すとか色々とあるはず。私が来たと時は、来場したお客さんも誰も見ていなかった。この防災対策庁舎遺構は錆止めにペイントを新しく塗ったので、ますます堤防工事の単なる建造物風になり気が付かないひとが多い。

IMG_5368.jpg

さんさん商店街の立地する付近の写真ですが、写真奥にさんさん商店街があるのですが、全体としては大規模工事中の町です。まだまだ復興には時間がかかります。

IMG_5360.jpg

商店街のゆるキャラのタコ、オクトパス君。置くとパスというので受験合格キャラとしても活躍?している。

さんさん商店街 [歳時記]

IMG_5364.jpg

南三陸の新しく出来た「さんさん商店街」に行ってきました。隈研吾氏のデザインの商店街。高速道路も出来ました。ここでしか食べられない味、ここでしか手に入らない物品、コスパの良さ等など、これからが勝負。周辺の堤防工事はまだまだ続いています。