So-net無料ブログ作成
シニアライフ ブログトップ
前の10件 | -

あなたは誰? [シニアライフ]

暫くやっていなかった大学同級生仲間の飲み会をやることにしました。やってくれないか?というリクエストがあったのですが、こちらも忙しく、しばらく無視していました。もう周りが諦めてリクエストも無くなった今頃にやることにしました。

忙しさが一段落したので、暫くぶりに飲み会をすることにしました、と言いたいところですが、ちっとも一段落しないので、このままではずっとやらないことになるので、じゃあ、思い切ってやるかと思ったので。もう一つの理由が、定期的に会ってないと誰が誰だかわからなくなるので。

皆、シニア世代なので風貌?の劣化が著しい。暫く会ってないとあなたは誰?という感じになるのです。会合などで、やけに馴れ馴れしく話しかける爺が居るなあ?コイツは誰だ?と思うと、同級生だったという笑えない話しがあるのです。

IMG_6371.jpg
 秋田県湯沢市とことん山

シニアの里帰り出産事情 [シニアライフ]

辛気臭い話しだが、同級生はみな還暦を過ぎている。そうすると、まあ生きる張りが緩むようです。若い頃は、功名心や出世欲、物欲、金欲があったのですが、今更、その歳でもないと。周りには隠居している友人はまだ居ませんが。

そんな友人の一人が、仕事の張りは抜けつつあるのですが、一番の懸案事項が孫の出産であると。爺に孫だと微笑ましいと思うらしいが、実は全然違う。友人の娘さんの出産で、いわゆる里帰り出産。日本の里帰り出産は女性の実家に多大なる負担が来る。

友人夫妻は還暦すぎたカップル。そのカップルが娘の出産をケアするんだから大変。しかも娘さんの旦那は仕事が忙しいと実家に任せっきり。シニアカップルで筋力のあるのは爺の方。よって友人は育児休暇をとって孫出産をケアすると。友人も医師であり、赤ん坊の扱いは手慣れたもの。彼は言うのです、これは高くつくぞ!と。


赤ちゃん [シニアライフ]

職場に育児休暇中の若い職員が赤ちゃんを連れて来ました。さっそく生後一カ月の赤ちゃんを抱っこさせてもらった。それを見ていた別の職員が、お爺さんだよと、、、違うだろうママのボーイフレンドだろうと言い返したのですが。

こういう時は大抵は赤ちゃんを抱っこさせて貰うことにしている。赤ん坊は軽い。とても軽い。抱っこされても動くことも出来ない。でも1年も経てば歩き出す。不思議なもんです。一方、こちらは還暦過ぎた爺さんで、何の進歩もないどころか、今年は出来ても来年は出来ないことが出て来るかもしれない。

赤ん坊は可愛い。赤ん坊には未来がある。年寄りには冥土が待っている。この差は如何ともし難い。赤ん坊を抱っこすると不思議なことに幸せ気分となります。デジャブなのか?さて、この赤ちゃんはどんな未来を生きるのだろうか?







人生我慢だよ、、、 [シニアライフ]

五月の連休からずっと公私ともに忙しかったです。幸い私には体力があるというかタフさがある。日頃の鍛錬のお陰だと言えば、老人の冷や水か、あらぬ自信と同じですが。シニアになると、兎に角、体力、健康が大切です。介護予防でもいいですが、まずは健康度を保つです。

その次はお金ですかね。お金が全てじゃ無いと言われますが、その通りでお金で全てが解決するわけではないです。が、お金がないと始まらないところも多々あります。でも、病気になればお金がかかるし、働くことも叶わなくなるので、やっぱり健康が大切ですかね。

体力は運動習慣で育成するしかありません。金力は無駄遣いを防ぐしかありません。どちらも辛いものです。運動には過負荷の原則があり、軽い運動ではダメなんですね。ちょっと無理するくらいでいい。金力は無駄遣いを防ぐのですが、無駄遣いをしないという我慢です。

そんなに我慢して何が楽しいのか?それは楽しいですよ。ディシプリンです。ディシプリンとは、自制心、克己という意味です。自分を制する、あるいは律する心地良さですかね。楽しいものです。人生我慢だよ、、、、


社会奉仕 [シニアライフ]

先日、健診を受けたと書きましたが、私の心電図はいつも、心電図計についている自動診断機能からは心臓下壁の心筋梗塞疑いと出るのです。かつ心電図上は心臓左室肥大だし。胃カメラの方は、いつもの粘膜下腫瘍があって、小さなポリープもあるんですね。毎年、同じドクターに診て貰っているので、変わりないですねと。実際の自分の胃カメラの写真を見ると、自分の若い頃と比べて老化した粘膜だなあと。

歳を取ったら健康に一層留意して今まで得られた技能経験について社会に還元する義務がお年寄りにはある。健康で長生きして社会奉仕をするのが義務。社会奉仕とは、勿論、ボランティア活動でもいいし、現に仕事を持っている人は仕事を通じてでもよろしい。

詐欺集団や犯罪組織に勤めていない限りは、お年寄りのそのお勤め仕事は社会に対する奉仕活動でしょう。それを末永く行うためには健診を受けて余計な病気や大病にならないように注意を払うことが大切なんですね。働くことに限らず、自分になんらかの役割を見出すことは健康維持の為にもなるようですが。

IMG_5809.jpg


恋は焦らず [シニアライフ]



この曲は「恋は焦らず」です。一方で、「命短し恋せよ乙女」とも言われます。前者は、焦るな、後者は、急げです。どっちが正解か?どちらも正解なんでしょうね。前者は若者への賛歌、後者は老人への訓戒でしょうか。黒澤 明監督の「生きる」でうだつの上がらない公務員が、胃がん末期と判りそれまでの無気力を返上して一念発起し、残された短い余命で、住民が楽しめる公園を作り上げるストリーで印象的に唄われたテーマ曲「ゴンドラの唄」、それが「命短し、、、」。


人生は長いようで短く、短いようで長い。余生とは余った人生ですか?なるほどね、、、、


今の世 [シニアライフ]

とうとう共謀罪が成立しそうです。良からぬ事を考えずにお上の言う通りに生きなくてはならない時代となったようです。忖度、忖度ですなあ。ああ窮屈な世ですね。友人と共謀罪のことを少し話しましたが、俺たちリタイア世代は若い者が選ぶ政治に口出しするのは止めよという点で一致しました。

友人も私も完全なリタイアではないですが、もう爺です。爺がウルサく言っても煙たがられるだけ。自民公明の独裁制を選んだのも国民の総意ですからね。圧倒的多数なら何でも出来る政治で、実際に何でもやっている。選ぶ野党がないとか言いますが、野党を育てる気も無いのだからしゃあ無い。

友人も組織の一員として使命感に燃えて頑張ってきたのですが、定年を迎えて役職は退いたとか。退いた途端に、組織としての使命感は失せて、個人としての職業観だけで生きるようになったと。共謀罪と聞いて友人が、テロを目的として組織犯罪とか言うが、だいたい俺には組織がないし、もう組織の一員じゃないから関係ないなあと。

なるほど、、、、リタイア世代とは根無し草のように組織から逸脱した世代なんだと。そう言えば、マイナンバーカードは警察や公安調査庁へ個人に無断で提供できるんだよねと、友人に言うと。そりゃそうだろうお上の作る制度だものね。俺はまだ作ってないよと友人が述べるので、いや、俺もだけどね、今更爺顔のカード持って何すんだよ??と大笑い。

IMG_5422.jpg


ゴールデンウイーク [シニアライフ]

一昨日は来客があったので、客人を連れて久しぶりに松島に行きました。遊覧船にも乗りました。遊覧船は何十年ぶりでしょうか?混雑するという先入観であまり松島に行かないのですが、それほど混んでいませんでした。やっぱり秋がシーズンなんでしょうかね?津波浸水後に再建をしたせいで小綺麗な飲食店が並ぶ街並になっています。駐車場も増えた。

客人が興味あるというので伊達政宗歴史館にも入ってみました。蝋人形のジオラマですが、興味が沸いたのは、あの北上川の治水事業の小さなパネル。江戸時代以前は現在の宮城県内陸の登米付近は広大な遊水地なっていて、ひとたび大雨がふると幾つもの川が筋が発生して大洪水となって、とても農業には向かない地域だった。

治水事業を行って今の穀倉地帯へと生まれ変わらせたのですが、凄い治水事業です。川の流れの変革には諸説があって詳細不明のところもあります。治水事業の要は北上川の本流が分流しないように束ねて、東側に流し、さらに今の石巻にも流れを作る。

江戸時代以前は北上川は石巻方面には流れていなかったのですね。さらに明治から昭和初期にかけて、いわゆる新北上川を通した。こうやって流れを制御して洪水が起きないように治水事業を始めたのが伊達政宗の治世の頃から。

登米を中心とする穀倉地帯は長期にわたる大規模な治水事業の賜物なんですね。改めて感心しました。

IMG_5113.jpg
 松島の観光桟橋 当日は上天気


日曜日はダメよ [シニアライフ]

今でもほぼ毎日メールを交換する友人が居るのですが、我ながらよく続くなと思います。友人も同業者ですが、なかなか面白いメールが来ますし、かつ同感だと納得するメールも多いのです。歳を取ると、どうしても考え方の違い、生き方の違いが出て共感できない部分が増えるものですが。

ただ、土日のメールは遠慮しています。特に日曜日は。土曜日は私は半ドンで、友人は週休二日ですから、仕事が話題のメールが休日まで来てはうっとうしいだろうと。それで月曜日のメールは、昨日の日曜日はどこそこの桜を見に行ったというようなメールになります。そういうメールの方がやはり楽しい。

IMG_4810.jpg
山形東沢バラ園 バラはまだですが桜が満開


4月は異動の季節 [シニアライフ]

大学教員をやっていた頃のゼミの元学生、とは言っても今は立派な社会人ですが、今でも何人かから時々年賀状をはじめ、お便りが来ます。今度、社会人大学院に入学して勉強することになったとか、出産したとか色々です。

それぞれに立派に人生を歩んでいるわけで頼もしいです。新学期を迎えてピカピカの1年生が、これまたピカピカの親御さんに連れられて入学式など見かけましたが、微笑ましい。仙台北部もそろそろ桜が咲きそうです。

4月は動きのある異動の季節なんですね。動きが無いのはシニアだけか(笑)

IMG_4510.jpg
 昨年の暮れから何度が咲いていたシクラメン これで今シーズンの花は終わりかな?


前の10件 | - シニアライフ ブログトップ