So-net無料ブログ作成
昔のブログから ブログトップ

おっぱい健康法と都市伝説 [昔のブログから]

以下 昔のブログ記事からです 2005年の三月の記事

 愛読している スミルノフ教授 (麻酔科の教授らしいジョーク?)のブローグがある。乳房凝視健康法 について詳しい報告が載っていた(確かにそんな健康法が騒がれた)。つまり がさネタ、都市伝説なんだな。こういうのが非常に多い。血液型性格占いもそうだ。遊びの占いなら笑ってすごせるが、これで苛めまで生じるんだから呆れてしまう。

 昔、某病院に勤めていたとき、中学生の時に「中学時代」か「中学コース」という雑誌で血液型性格特集記事で典型的A型少女と紹介された看護師さんが居た(当時 彼女は中学2年生だったそうだ)。その看護師さんは、「あんなの当たらない」と言う。なぜ?と聞くと、その後、就職して改めて血液型をチェックするとO型だったと。

 先日の日経の「養生訓 (昔そういうコラムがあったのです)」なんかの 「ぼけたり寝たきりになる前に心臓病やがんで死のうと思うなら、おいしいものをたらふく食べ、たばこを吸い、酒をいっぱい飲んで、好き放題に人生を楽しむことだ」というニュアンスで書いてあった。

 しかし、「おいしいものをたらふく食べ、たばこを吸い、酒をいっぱい飲んで、好き放題に人生を楽しめ」ば、必ず「ぼけたり寝たきりになる前に心臓病やがんで死ぬ」とは限らない。多分、こうすると おそらく 惚けたり 寝たきりになる 可能性かえって高くなる。しかも若いときに寝たきりになると寝たきりの期間は一般的に長くなる。人間、そう簡単に死なない。

 その昔、有名な医療経済学者のフュックスが面白いことを言っていた。 タバコを吸うと肺がんで死ぬ として 今日タバコを吸って 必ず明日死ぬなら タバコ吸って死んでも本望だと言う人でも 実際に吸うだろうか?これは自殺に近い?

 では、5年後に死ぬとしたら 吸う人は増えるだろうか?じゃあ 10年後だとしたら、さらに20年後としたら? そして 必ずしも吸ったひと全員が死ぬわけでないとしたら?

 つまり、不確定な将来のリスクを避けるために 今、目の前にある楽しみを自制することが出来るかどうか?が健康行動に影響する。これは貯金と同じ。不確定な将来のために 今、目の前にある楽しみにお金を使わずに貯めるか どうか?。フュックスは 現在の楽しみを抑制して将来の危機に備える インテリジェンスが 健康行動に大きな影響があるとか 言っていた。

 「おいしいものをたらふく食べ、たばこを吸い、酒をいっぱい飲んで、好き放題に人生を楽しむこと」は自殺なのか?それともインテリジェンスがないオッサンのやることなのか 微妙だ。

昔のブログから ブログトップ