So-net無料ブログ作成

周回遅れの読書 ロリータ [书]


ロリータ (新潮文庫)

ロリータ (新潮文庫)

  • 作者: ウラジーミル ナボコフ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/10/30
  • メディア: 文庫


どうも「ロリコン」とか「ロリータ」には先入観があって、その先入観でこの本が誤解されていると解説してありましたが、100ページくらい読んでもちっとも乗らないのです。異常なる少女愛の主人公の話ですが、少女は可愛いとは思っても、どうもついて行けない心理描写が延々と続いて、途中で何度も投げ出そうと思ったんですが、でも、このまま読むのを中断すると一生積ん読になると思い、読み切りました。

文体は冗長とも言える修飾句が延々と続くので、かなり読み難いのですが、これは好みの問題で、私は意外にこういう文体は好きです。さらに書かれた当時や過去の文芸作品の皮肉、揶揄、引用があって、これも興味あるものです。これらは大学の講義のような注釈がいちいちウザい位につけてあって面白いです(ちなみに翻訳者は大学教授)。

日本語に翻訳するのは大変だなあという本で、これをそのまま英語で読めばすんなりと入る文体じゃないか?と思いますが、英語で読む程の英語力が無いので仕方無しです。この「ロリータ」ですが、本の名前は知っていました。が、もともとフランスの出版社でポルノ小説として出版されて、やがて文学として米国で出版されたもの。昔のポルノか?文学か?芸術か?というポルノ映画のキャッチフレーズの走りとなった作品でしょう。

西加奈子の「i(アイ)」を読んだら、「テヘランでロリータを読む」のことが出て来て、これでも読むか?と思ったのですが、待てよ「ロリータ」は読んでないし、テヘランの前に「ロリータ」は読んでおくべきだなと思ったのです。

この「ロリータ」ですが、序、第一部、第二部、『ロリータ』と題する書物について、の四部構成なんです。この版では、注釈が充実しているのですが、注釈は二度目に読む時に見るようにと但し書きがある。そして、解説は「野心的で勤勉な小説家志望の若者に」という副題がついて、なんと大江健三郎が書いています。つまり、これはプロ向きの小説なんです。プロとは、小説家志望でもいいし、読書のプロでもいいし、ポルノのプロでもいいし、精神科医、心理学者、犯罪学者でもなんでもよろしい。よって素人にはお勧めしない。一見(イチゲン)さんお断りの小説。

第二部については、この後半は幻想なのか事実としての描写なのか論争があるような終わり方。ポルノというよりミステリー小説風なんですが、解釈は一定しない。著者のナボコフは、ロシア革命でパリに亡命し、さらに米国に渡ったロシア人。米国で大学に勤めながら、大学が夏休みになると趣味の蝶々を捕りに全米各地を車で旅行したようで、この「ロリータ」もロード・ノベル風でもあるんです。1930年代から40年代の米国の幹線道路のモーテルの実情がわかる。

ネタバレですが、この主人公の溺愛したロリータ嬢も成熟して主人公とは別の若者と普通に結婚して?大きなお腹の妊婦になるのですが、それでも主人公はこの元ロリータ嬢と一緒に棲むことを望む。主人公は病的なロリコンだったのですが、最後は一人の女性をトコトン愛するノーマルな男性に変貌しているんですね。だから、第二部の後半は事実の描写ではなくて幻想じゃないかと私は思います。この本は異常なる少女愛の病的男性が嫉妬深い普通(何が普通かは相対的ですが)の中年男性に変貌していく過程を描いている。かな?

ともかく、読書のプロと自任する方にはお薦めの小説ですわ、、、、


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 夜の果てへの旅 下巻 [书]


夜の果てへの旅〈下〉 (中公文庫)

夜の果てへの旅〈下〉 (中公文庫)

  • 作者: セリーヌ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: 文庫


読み応えある分量で、上下巻で800ページ程となる本でした。差別用語も満載ですが、当時の表現で違和感は無いです。ただこの本は古い本ですから、今なら絶対ダメでしょう。前巻の終わりでは米国に幻滅しフランスに帰国するところで終わります。拝金主義、ビジネス主義、貧乏はそれだけで悪だという新世界に失望してフランスに戻ってからの物語が下巻です。

フランスに戻り主人公は医師になります。が、パリ郊外の貧民地区に開業。勿論、医療保険制度の無い時代ですから、裕福な病人以外には満足な医療費を払えない。貧民地区に開業しても儲かるどころか、主人公も爪に火を灯すような貧乏生活、家賃を踏み倒して夜逃げまでする。貧しさが人の醜さを炙り出すような生活描写が続きます。

青春を過ぎた主人公は、自身の行動力や情熱の枯渇を自覚し始め、それが新たな苦悩となり始めます。前巻では第一世界大戦の前線から離脱逃亡して、アフリカへ、そしてアメリカへと夢を求めて、貧乏から逃げ出したくて、流浪するのですが、下巻ではその逃げ出だそうとするエネルギーも無くなります。

ついて回るのは貧困と、過去の亡霊を背負ったような友人。その友人は前巻で敵前逃亡を図った悪友。彼は金のために老婆殺しまでやるような人物ではあるが、社会的な束縛を嫌い何かを求めて流浪する主人公と同じような精神構造の男。その悪友は最後まで束縛を嫌い、それが故に死に至り、その友人の死をもって物語は終わる。

1932年の小説ですが、当時、色々と評論されたようですが、読みやすいとは言えない、飛躍の多い独特の文体ですが、私にはわかりやすい作品でした。先日、改めて読んだ「ライ麦畑でつかまえて」と同じモチーフです。ただ、背景が全く違う。この「世の果て」は、背景が戦争、貧困です。その中で青春期の主人公は何かを求めてさまよい歩く。

やがて、その何かが判らないままに青春期のエネルギーを失い、貧困の現状に留まることしか出来なくなっても何かを求める枯渇感は癒やせない。「ライ麦畑でつかまえて」の主人公は裕福な少年で、少年であるが故に最後まで生活感が無かった。こちらは戦争と貧困が主人公たちの生活を脅かし続ける。でも、何かを求めるという精神の彷徨は同じテーマ。

この著者は、第二次世界大戦後に反ユダヤと曲解されてフランスに居られなくなり、デンマークに亡命。その後、恩赦で帰国するも病気と貧困の中で亡くなる。亡くなっても牧師からもその埋葬の立ち会いさえ拒否される。著者が意図したのは、拝金主義、貧富差拡大の資本主義への批判のようですが、残念なことです。

レーニンがこの小説読んで、これは左翼文学とは違う、これには夢がないと批判したようですが、お門違いのコメントでしょう。新世界では「ライ麦畑でつかまえて」となり、ある意味でロマンチックな小説ですが、そのモチーフで旧大陸で描けばこの「夜の果てへの旅」になる。少年ではなく大人として、そして青春期からその青春の終わった後まで書けばこうなると思いました。残念ながら長文で難解とも言える文体なんで日本じゃあ受けませんね、、、、






nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 夜の果てへの旅 上巻 [书]


夜の果てへの旅〈上〉 (中公文庫)

夜の果てへの旅〈上〉 (中公文庫)

  • 作者: セリーヌ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: 文庫


日本ではあまり知られていない作家の本。フランスの伝統なのか、内省的、哲学的な心理描写で日本の読者受けはしなそうな作風。この上巻は、放浪編と言われますが、主人公はちょっとしたノリで志願兵となってしまった若者。第一次世界大戦のフランスが舞台で、愛国主義に鼓舞、喧噪される世相を皮肉る。

主人公はいわゆる戦争神経症となる。さも無い元遊園地の的場射撃ゲームの廃墟を見ているうちに発症する。自分が戦地の前線で、敵兵から標的となっていたトラウマが遠因であることを思わせる描写。とは言っても、一方的な反戦小説でもない。どちらかと言えば、人の醜さ、狡さを描いている。

そして、その醜さや狡さは主人公も含めて、誰でも持っているもの。前線を逃れるように今度はアフリカに主人公は渡り、フランス領植民地に着くがそこでも逃亡をはかり、まんまと現地人とスペイン人僧侶に騙されてガレー船のオール漕ぎ船員に売られてしまう。そしてさらに米国へと。

この主人公は戦争神経症なんですが、戦争不適応症とも言うべきものか、あきらかに詐病とも思われる知り合いができて、アフリカでもその彼と出会ったりする。いずれにしても、戦争でさらに儲け、上手に前線から遠ざかる金持ちと、貧乏で愚かでそのまま戦意高揚に流されて戦死するだけで終わる人々の時代を描いている。

そう言えば、フランスのマクロン大統領も徴兵制の復活を宣言しました。我が国の安倍総理も憲法改正して徴兵制の復活を考えているんでしょう。だって少子化だもの憲法改正して軍備を正式に認めても徴兵しないと軍隊は維持できないでしょう。この古い小説の時代がまた来るんでしょうかね?と思いつつ読みました。

戦時のストレス下の世相で、主人公は貧乏に悩まされる。貧乏では人生の選択肢が限られるし、戦争が追いかけてくる。そしてこの上巻の終わりでは主人公の青春の終わりが始まる。青春が終わり始めると、精神の高揚感が無くなり、人生への積極性が衰えていく。生きる活力もしぼんで行く。さて、どうなるかは下巻に続く。

最近のトレンディーで、わかりやすい芥川賞や直木賞受賞作品ばかり読んでいると、こういう内省的な心理描写の本が読みたくなるわけです。いずれにしてもこの作品の背景のような戦争、貧困、病気、欺瞞の時代に日本が再びならなければいいですがね。おぞましい事に今更、日本でも戦前は良かっただの復古主義、歴史修正主義を述べる自称専門家が跋扈し始めています。そうだよね、君らのような金持ちで権力を持ち、貧乏人につけ込むような欺瞞を平気で述べる御仁には、戦前は良い時代だったでしょう、、、、


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 ペドロ・パラモ [书]


ペドロ・パラモ (岩波文庫)

ペドロ・パラモ (岩波文庫)

  • 作者: フアン・ルルフォ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1992/10/16
  • メディア: 文庫


この作品からラテン・アメリカ文学が始まったとされる小説。前に読んだガルシア・マルケスもそうですが、死人と幽霊の幻想的な世界が舞台です。ちなみに、この作品とは別の映画原作の脚本をガルシア・マルケスが手がけたようなかかわりがある。

物語は、母の遺言にしたがって、父を探しにある村に足を踏み入れた男の話。その村は死の街で幽霊しか居ない。循環小説という概念があるかどうか知りませんが、SFなどではそういう作風があり、私も昔そんな循環小説を同人誌(とは言ってもネットでしたが)に書いたことがある。この作品もそうで、最後が最初に繋がると言えば繋がるのですが、それほど明確でもない、なんせ全ては死の世界だから。

70前後のエピソードからなる小説で、一つのエピソードを読むと辿るように昔のエピソードに遡っていく。死の世界なので、自由自在に舞台を変えられるので、つまり過去、現在、未来、生前、生後、死後を行ったり来たりとできる。これが読んでいて面白い。

主人公と思われていた男もいつの間にか死んでいる。話は死んでいた筈の父親、これがペドロ・パラモで、この父親の男の話になって行く。過去の世界、死の世界にドンドン嵌まり込んでいく。舞台のメキシコは政府軍と革命軍との争いで不安定、かつペドロ・パラモはその村で好き放題を為す好色な暴君というべきドン。

理不尽な世界を死人の眼で冷たく描写して行くという小説。これが情熱的なラテン・アメリカ地域の風土なのか歴史なのか、キリスト布教の下にスペイン、ポルトガルに殲滅させれらた先住民族の怨念なのか。途方も無い死後の世界なのに読んでいてもすんなり受け入れられる不気味さが興味あるところです。


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 介護入門 [书]


介護入門

介護入門

  • 作者: モブ・ノリオ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/08/26
  • メディア: 単行本


これはミュージシャンが書いた本のようで、とっても読みにくい。ロッカーの文なのかよ?ラップなのか?いぇい!と言いたくなるような、なぜこの文体なのかわからない本。かつ、これは小説なのか?それとも自分の体験のルポなのか?わからない。本には著者と被介護者の祖母とおぼしき写真のツーショット。

これ全体がフィクションなら面白いぜ!!いぇい!!だが、私小説ならば、芥川賞は要らないぜ!!となる。主人公が祖母を自宅介護する話で、物語はおそらく介護保険制度がスタートして4〜5年の時点の話でしょう。当然のことながら、介護の大変さが物語の原動力となっている。大変さとは、介護する側の精神的肉体的負担もあるし、家族介護に対する近親者の無理解も含まれる。

家族の自宅介護と介護保険制度による要員の介護とは本質的に異なる次元のものじゃないか?と思います。優劣はつける必要は無い、もともと異なるものだから。介護入門として箇条書きで時々、文中に介護の注意点を記載しているんですが、これはルポなのか教訓なのか?と思います。ミュージシャンとしての飛んでいる文章が芥川賞の理由なのか?大麻のエピソードが良く出て来る。

自分自身の介護体験のルポタージュなのか?私小説?私は私小説は認めない。なぜならフィクションつまりロマンが無いのは小説ではないと思うから。でも、確かに「介護入門」とある通り、家族自宅介護だけに限らず被介護者を持つかたは読んでもらって良いと思います。が、このラリったラップ調の文体は、ちっともよくないぜ!!読み難いぜ!!いぇい!!ですが。

願わくば家族介護体験者の自慢話に誤解されなければいいですが、、、、芥川賞ねえ???最後の方で情熱かけた介護だったんで祖母が良くなったような精神主義そのものの書きぶりなんですが、ちょっとなあ、、これはなんなんだろうか。フリーターの主人公が(著者が?)、夜通し祖母の介護をして昼間は眠っていることが多く、5ヶ月間ほどの?介護三昧だったけど充実していたぜ!!この充実感がお前らにはわかんねぇだろう!!介護地獄?うるせぇ!介護地獄なんざクソ食らえ!!という話。

ちなみに、この本も例によってアマゾンの中古で買ったんですが、とある高校図書館の廃棄処分図書だった。確かに廃棄される運命の図書だったかもね。得るところがあまりない読後感。最後までラリった文体だったぜ!!いぇい!日本ではまだ大麻は合法化しておりません。


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 蔭の棲みか [书]


蔭の棲みか

蔭の棲みか

  • 作者: 玄月
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 単行本


カバー表紙が岸田劉生の人物画のようで、それで買った芥川賞受賞作品です。在日コリアンの話でした。重い話です。「蔭の棲みか」とこの本におさめられている「舞台役者の孤独」は同じ展開です。蔭の主人公は息子にも妻にも先立たれた70代の老人。舞台の方は20代の若者で、彼らの再生の話です。

芥川賞をとった「蔭の棲みか」の方が構成もバランスも良い作品で、「舞台役者の孤独」は性的描写がどぎつくて私のような爺にはちょっとなあと思うことと、この小説の中で主人公が小説というか理想を描く妄想を描写するのですが、この設定が判りにくい。つまり、そんなことをせずに単に主人公の心理描写で描けなかったのか?と思うのです。筆力が足りなかった?か?

もう一つおさめられている「おっぱい」は、このテーマはなんだろうか?という曖昧なもの。でも、悪くは無いです。「おっぱい」も面白い短編でした。

芥川賞選考委員の評を見ると、池澤夏樹と宮本輝が満点評価で、両者の作風からしてそうだろうなあと思いました。社会の底辺の小説なんですが、今でも日本はこういう世界を内包している。「蔭の棲みか」で描く在日コリアン集落は、初めはコリアンだけの集落でしたが、その後、不法就労の中国人が入ってきて、時代とともに看過できなくなった警察が動き出す。今に続く日本社会の暗部でしょう。集落のボスの在日コリアンは日本国籍をとってまで政治家になろうとするが失敗。70代の主人公が韓国語を話すと母国語が喋れないボスは、俺の前で韓国語を使うなと怒りだす屈折した心理を持つ。

独居高齢者の話し相手ボランティアの日本人女性がノコノコとこの集落にやってくるが、在日集落のボスに手ひどくあしらわれる。「舞台役者の孤独」では、韓国教会の前の掘っ建て小屋に住み着く夫と姑に追い出されて売春婦となった日本女性が同様な役割を果たし、小説の構成はよく似ています。これらの女性が切っ掛けとなって主人公が再生する、あるいは再生しようとする。

外国人技能実習制度という名の下に、不法就労を産み出しかねない低賃金外国人労働を合法化している日本の実情をみると、この小説の世界はまだまだ続くんだろうと思いますわな。

nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 グランド・フィナーレ [书]


グランド・フィナーレ

グランド・フィナーレ

  • 作者: 阿部 和重
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/02/01
  • メディア: 単行本


作家のことは全然知らずに、ただ単に過去の芥川賞や直木賞の作品をアマゾンの中古で買って読んでいるのですが、この作家は山形出身で、確かに読んでいると地名や描写でアレ?東北か?と思った。「グランド・フィナーレ」は、当時の話題作だったような気がします。映画のグランドフィナーレに関係なしですが。

離婚して娘とも接見禁止命令で会うことも出来ない、落ちこぼれロリコン元映画監督の再生の話でした。本の装丁デザインが凝っているのですが、この作家自身がもともと映画監督だったらしい。なるほど面白いと思いました。装丁まで楽しむなら文庫本は避けるべきだなと。

実は、昨年の暮れからロリコンの原点の「ロリータ」を読んでいるのですが、読み進まないのです。つまり私はロリコンではないので、読んでいても一々描写がビビットに感じないのでノリが悪いのです。「グランド・フィナーレ」も、アマゾンの書評を見ると、犯罪的なロリコンの主人公なんで受けが悪いようです。

他の短編に「馬小屋の乙女」があるんですが、これが「グランド・フィナーレ」と同じように結末がない。起承転結で言えばミステリー小説には「結」があっても、文学作品には結が必ずしもあるわけでないという典型で、面白かった。「馬小屋」は読んでいって、やられたと苦笑しました。

「新宿ヨドバシカメラ」「20世紀」の短編も面白かったです。後者は山形の著者の生まれ育った神町が舞台ですが、私のいつものドライブコース近くなんで、あら?と思いました。映画監督なんで、描写が映像的。心理描写が脚本的な感じ。


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 沖で待つ [书]


沖で待つ

沖で待つ

  • 作者: 絲山 秋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/02/23
  • メディア: 単行本


二編がおさめらた本で、「沖で待つ」で芥川賞を受賞。「沖で待つ」はバブル経済前後からその後の経済状況下の男女の友情のお話。もう一編の「勤労感謝の日」は婚期を逃した?30代後半のフリーター女性がお見合いをする話。私としては「勤労感謝の日」の方が面白かった。主人公のけれんみの無い生き方が清々しい感じがしました。

「沖で待つ」の方は幽霊が出てきて、これが白けるのです。ファンタジーは好まない私としては、別に幽霊を持ち出さなくてもこの小説は成立すると思うのですが、ファンタジーの要素を入れて現実を誤魔化すのはちょっとなあと思いますが。バブル経済が時代背景ですが、確かに経済は過熱でしたが、残業もガッツリあり、仕事はハードで、でも残業してその後にバブリーに飲んで唄ってという時代。

今は残業が終わってもバブリーに弾けるような金回りの良い時代とは違う、この小説を読みながらそんなことを思い浮かべましたが、今は金のある処にはある局所的なバブル経済に近いような気もします。ところで、この「沖で待つ」には短編が三編のもあるんですね。私が手に入れたのは二編のだった。

最近は評論や新書の類は読まないのですが、小説でファンタジーに浸っているかと言えばそうでもない。むしろ小説の方が時代を正確に描いているというか、時代を刻んでいると思うのです。評論や新書は、著者の切り口や、こうあれという希望を書いている。そこに胡散臭さを感じるのです。

小説というか文学は、基本読み手の問題です。考え方を提案しているわけでもない。解答を示しているわけでもない。読者が読み終わったあとに何を感じる取るかは読者次第です。真実とは違いますが、その個人個人の読者にとっての真実に近いものを提示しているような気がします。


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 犬婿入り [书]


犬婿入り (講談社文庫)

犬婿入り (講談社文庫)

  • 作者: 多和田 葉子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/10/15
  • メディア: 文庫


まあ、なんだかわからない小説ですが、面白いは面白かったのですが、何が書きたいのかよくわかりませんでした。「犬婿入り」と「ペルソナ」の二編がおさめられた本でしたが、前者の芥川賞受賞作品は、一文がわざと偉く長い文章なんです。志賀直哉じゃないですが、私は文章は端的に短い方が良いと思うのですが、ズラズラと無駄に長い文で何を表したいのか?「ペルソナ」は普通の文章でしたけど。

「犬」の方は一人暮らしの私塾の女性のところに何の脈絡も無くゲイの男性が飛び込んで共同生活をして、その男性はやがてゲイ友達とどっかに出奔し、私塾の先生の女性も夜逃げするという話し。シュールな話ですが、文章遊びは別として何を描きたいのか?不明。これは沖縄の民話にあるらしいとか。

「ペルソナ」の方はドイツ暮らしの日本女性が東洋人には表情がないと白人から思われる偏見を巡る話。まあ、話はよくわかるのですが、もっとこの女性の内面を描いて欲しかった。以前、YouTubeに載っていた中国の少女の踊ってみたに対して、欧米人と思われるひとが「表情が無い」とコメントしていたので、違う、ちゃんと喜怒哀楽を表している、少しはにかんで控え目な表情で、これは欧米人の表情様式とは違うのだとコメントしたことがありました。表情もその国の伝統文化なんですが、欧米人にはそれがわからないひとが多い。なんてことを思い出した作品でしたけど。

兎も角、まあ面白かったです。





nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 黒冷水 [书]


黒冷水 (河出文庫)

黒冷水 (河出文庫)

  • 作者: 羽田 圭介
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2005/11/01
  • メディア: 文庫


羽田圭介の本というので買ってみたのですが、期待ほどではなかった。後の芥川賞受賞作品の「スクラップ・アンド・ビルド」が良かったので、作家デビュー作だろうこの本を買ったのですが、テーマがよくわからない。かつ、最後に二転三転して意外な終わり方を狙ったんでしょうけど、クドいなあと思いました。

17歳の時に書いた作品。なるほどね、凝った終わり方ですが、力を抜いてすんなり終わりながら読者を感動させるような技がまだ無い。二転三転した結末だけだけで読者を揺さぶろうというのは甘いなあと思いました。

兄弟の確執がテーマなんですが、それほどの確執を生む必然性が説明不足だし、その確執を正面から本気でテーマにしているわけでもない。確執のための確執を描いて、結末の二転三転で受けを狙っただけかなのか?主人公の名前が、正気なんですよ。まさきと読ませるんですが、弟が修作、、、しょうきの正気に、習作にかけての修作なのか?著者はまあ遊んでいるのか、、、確かに習作ですわ。

この作品のお薦め度は、5段階の1程度です。つまり最低ですわね。サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読んだ直後だから酷評かもしれないけど。


nice!(0)  コメント(0)