So-net無料ブログ作成
検索選択
我喜欢中国 ブログトップ
前の10件 | -

一度は行ってみたい中国 [我喜欢中国]

日本はマスメディアのせいだけでとは言いませんが、反中嫌韓が流行っています。どうもイメージ先行のようです。

こんな↓記事がありました。一度は行ってみたいのが中国なんですが、私はまだ行っていません。還暦すぎたら余裕が出るのか?と思ったら、全然違ってかえって(仕事が)忙しくなってしまった。
http://www.newsweekjapan.jp/lee/2017/04/post-18.php

ちょこちょこ中国語講座をラジオで聞いていますが、居酒屋で中国人の店員さんに中国語で「あなたはどこ出身なんですか?(ニンシーナーリレン)」と聞いて驚かすくらしかできません(笑)。この記事↑に「昭和や平成などの日本の年号は中国の古典から取られるが、その石碑が碑林に残されている」とあって、興味津々です。反中の人には不快かもしれませんが、日本の年号は中国の古典に因っている。日本は中国文化圏の立派な国なんだな。

ニューズウィークの記事にもありますが、気になるのは日本の内向き思考。若い人達が海外留学にあまり行かなくなったこと。中国に行ったらとは言いませんが、米国に行く留学生も年々低下しているとか。若者が減っていることもありますが、それでもドンドン減っている。日本はこんなに凄いと言う老人の巧みの技などテレビで見てる場合じゃ無い。


日本の魅力? [我喜欢中国]


中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565)

中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか? (中公新書ラクレ 565)

  • 作者: 中島 恵
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: 新書



ニコニコ動画の「踊ってみた」が楽しくてよく見ている。若い世代の踊りは快活で楽しそう。お隣中国でも人気で日本の楽曲でそのまま踊っている。中国のビリビリなども見ていると面白い。背景の中国の街並や風景にも興味がある。ニコニコ動画に嵌まったのはあの震災の年から。当時、東北地方では辛気臭い「花は咲く」が朝から晩まで流れて滅入っていた。よっぽど明るい若者の踊りの方が楽しかった。

今や中国の若い世代が日本のニコニコ動画に投稿する時代となったのですが、そんな中国の若い世代がそのまま日本に留学してきて、卒業後に日本で働いているとか知ると、ちょっとビックリする。日本で頑張って、幸せに暮らして欲しいと思う。踊り手が中国で高校生だった頃から見ていると、子を思う老婆心が生じるわけで、、、元気に暮らしてくれと。

日本の人口減少を移民だけで防ごうとすると、これから年間20万人以上の移民が必要。この数字はとても現実的ではなく、欧米メディアはもう日本の人口対策は too late と報道している。日の出る国ではなく、日の没する国となっている。兎も角、サブカルチャーに限らず海外の若い世代が憧れ、そして来日してくれる日本であり続ける為に、今を生きる日本人は頑張らねば、、、なんか悲痛だわ、、、


死を視ること帰るが如し [我喜欢中国]

ラジオ中国語講座を聞いていたら中国には、こんな格言があるそうです。「死を視ること帰るが如し」と。これはもともと人は無から生まれて、死んで元の無に帰るのだから、いたずらに死を恐れることはないという意味のようです。なるほどなあと思います。

仕事柄、どうしても臨終に立ち会うことが多く、考えさせられることもあります。生きている限りは、必ず死を迎えるわけで、それをどう受け入れるか?という問題になります。生命とはかけがえのないものですが、それでいて必ず人は死ぬわけで、それをどう考えるか?

当たり前ですが、生きている限りは生きていることを前提に全てが思考されます。死については、死んでしまえば考えることができないわけで、故人よりもその故人と縁故のあるものが、その故人の死をどう考えるか?ということになります。

故人の死が縁故あるものにとって受け入れられない不条理なものなら、死を招いた事物への怨念になるかもしれないし、死への憎悪と恐怖となるのかもしれない。無より生まれた生命ならば、生きている限りは輝き、ギリシャの古い諺ではないですが、神に好かれたものは早世することもあるのかもしれない。いずれにしても、人は誰でも必ず無に帰るわけで、、、、

视死如归 (死を視ること帰るが如し)


祝大家新年快乐 [我喜欢中国]

旧正月で中国では春节(春節)ですね。来日したかたはたっぷりと楽しんでお帰り下さい。来者勿拒、去者勿追とは、「来る者は拒まず、去る者は追わず」ですが好きな言葉です。この春節に適切な言葉かどうかはわかりませんが。去るとは行くという意味のようですが。

Twitterで、ある日本人が米国で現地の米国人からあなたの漢字名は?と聞かれて、チャイニーズ・キャラクターは?と言われたようですが、なんだか日本も中国の一部のような気がしたとか。それを中国人が、日本は立派な中国文化圏ですよとRetweet。

そう、だから春節に中国や台湾から日本にやって来るのでしょう。日本は実にファミリアな文化圏ですわね。



親中派 [我喜欢中国]

多分、私は親中派です。なぜなら漢字が好きで、中華料理も好きだから。漢字がない文章など考えられないし、中華抜きの和食あるいは洋食オンリーも無理ですから。でも中国の嫌いなひとは漢字も使わなければ、中華も食べないのだろうと思うと気の毒です。

テレビマスコミは反中嫌韓をテーマにすれば受けるので安易に番組をつるのでしょうが、それを真に受けるひとは多いのでしょう。教養レベルがナイーブというか、テレビ週刊誌レベルなのか。東南アジアの国々は中国の圧倒的な漢字文化から逃れるために母国語をローマ字化しました。

漢字を使用するのは中国台湾と日本だけですね。日本は本質的に親中派なんでしょう。中国の若者はどんどん日本に留学に来ているし、日本の若者も中国に留学しています。とても良いことです。政治的な問題はあって当然です。しかし、いたずらにその問題を煽る必要は無いし、煽る人々には煽る背景があるのでしょう。

異次元の中国 利下げなのに元は切り上げ? [我喜欢中国]

中国は利下げをしているんですが、本日、大幅な元の切り上げをしました。人民銀行の介入でしょう。でもこのニュースを見た時、「切り上げ」ではなく「切り下げ」と読み間違いました。利下げなんだから元切り下げでしょう、、、、じゃなくて切り上げです。私は経済の素人だし、株もやっていませんから経済がちっともわかりません。

が、これは不思議な対応です。というか、方向が全く真逆な経済政策を同時にやっている。さすが、中国です。やっぱり共産主義は違う?としか言い様がないです。国内経済の梃入れに金利を下げる。でも、このままだと資本が海外に逃げるので元は切り上げる?なんですかね?

それとも、元切り上げ介入の原資は、日本と米国債のどちらかでしょうから、「航海の自由作戦」をやった米国に米国債売っているぞ!とアピールしているのか?中国の10月のストライキ件数は激減したようで国内経済はまずまずなんでしょうが、経済指標は改善していません。

やっぱり経済はわからない。株やってなくて良かったわ。

明日は休日 [我喜欢中国]

色々と書きたいことがあって下書きは沢山あるのですが、まとまりません。アップしているのもまとまらないままアップしているんです。一つはこちらのスタンスが一定してないのが原因でしょう。書いているうちに自分のスタンスがズレると、頓挫します。

当たり障りの無いことを書いていればいいのでしょうが、であれば初めから書く気がしません。

ところで、中国のビリビリの踊ってみたが極めて面白い。背景が中国の日常なんで、へえと思ったりします。嬉しいことに多くが日本の楽曲ボカロです。日本のアニメやドラマを見ている若者が多くて日本語が操れる若者も結構います。

我喜欢看B站的舞蹈视频。我对中国的年轻人的舞蹈很感兴趣。觉得并且舞蹈的背景很有意思。中国和日本的生活方式不一样。在日本我们只能通过电视知道中国的信息。日本人不清楚中国人的日常生活。最近一段舞蹈的背景中有无轨电车通过。在日本无轨电车很稀奇。中国的建筑和日本的也不同。B站的舞蹈的背景非常有意思。

ちょっと違った [我喜欢中国]

外来で中国の親子が来ているから診てくれと言われて、您好しかしゃべれないよと言いながら診ると、親子でしゃべる会話はどう聞いてもハングル語。朝鮮系中国人のようでした。彼らは中国では少数民族で一人っ子政策の対象とはなってないし、日常はハングル語で過ごすようです。


これは今シーズンじゃなくて、昨シーズンの踊りのはず。零下十数度の中で滑りながら踊っている。若いなあ、、、、、、、

東洋 [我喜欢中国]

若い頃は西洋に憧れ、その文化や先進性に強く魅かれたのですが、今はアジアです。中国がやはり好きです。奥が深い。その昔、批評家の小林秀雄が、新聞記者に「先生は以前は(若い頃は)フランス、フランスだったのに、今は日本が対象ですね?」と言われて、激怒したエピソードがありました。

小林秀雄は、我々は西洋に近づき、折り返し点を過ぎて東洋に回帰していくんだと説明し、その折り返し地点がどんどん伸びていって、やがて西洋と同質になるかもしれないと言ったようです。してみると、私も折り返し点を過ぎたのか?

どうもこの小林秀雄のたとえは、当てはまらないような気もしますが。西洋と東洋とは違う文化と方向性を持っているんじゃないかと。いずれにしても、中国文化や暮らし、習慣、食文化は日本人の私にとってファミリアーなんです。

右翼ではないですが、西洋的価値観が正義ではないでしょう。欧米は結果的に戦争ばかりしている。未だにアフリカ諸国(の資源)を搾取しているような気がする。現在のエボラ問題でも(AIDS問題でも)、欧米列強が医療や教育のインフラを全く整えなかった歴史的背景(布教はしたけど)があります。

ミャンマーの技術援助に行っている知りあいが、現地の写真を見せてくれるのですが、それが懐かしく見える。高度経済成長前の日本のような雰囲気なんです。同じ東洋人として親近感が湧くんですね。中国もそうです。

下は中国でのSNH48のメンバーを起用したソニーの宣伝です。中国ではアップルはまだまだ高いからソニーは食い込めるのかな?中国語のフォーチュンクッキー、ごく一部しか聞き取れない(笑)。

オタクの小並感 [我喜欢中国]


上のYouTube映像はSNH48のメンバーがラブライブのSTART:DASH!!を唄って踊ったものです。


上は台湾のCANDY☆STARのSTART:DASH!!です。

ああなるほどねと思うひとはオタク文化人です。SNH48は上海版のAKBで、ラブライブはもともとアニメです。CANDY☆STARは、台湾のダンスグループで日本のニコニコの踊ってみたにも投稿してい来ます。だからなんだ?と言われれば、小並感ですが、見てて楽しい、面白いということ。小並感って何?と言われると、小学生並の感想ってやつです。

小並感のついでですが、選挙、結果でましたね。自民党と公明党で3分の2です。いつでも憲法改正の発議出来ますね。あるいは自民党は右派の維新と組んでも発議できます。安倍首相はこれで選挙を経た内閣総理として活動できるわけです。憲法改正にむけて国民に説明を重ねるとあります。これからも成熟した平和国家を維持してもらいたい。中韓との関係改善を粘り強くやってもらいたいですね。

一方、今年の米価の下落を見れば、着実にJAは解体でしょう。これを都市部だけでなく郡部も含めて圧倒的支持をもって自民党を選んだわけですから、賛成したとなります。格差是正を含めたアベノミクスとは何だろうか?これからも経済にも目が離せません。自民圧勝の例外は沖縄。日本の駐留米軍基地の沖縄偏在は大きな課題です。米軍基地の経済効果なんぞたかがしれています。それが証拠に沖縄の県民所得はずっと全国最下位。米軍基地は大きな負担なわけです。

民主党は党首がどうも安愚楽牧場のイメージがつきまとい、ビジョンもはっきりしてなかった。維新も大阪都構想にこだわる大阪人が代表ではオールジャパンは無理でしょうし、経済活性化策がカジノではね、、道頓堀プールはたった80メートルって何?公明党は平和国家を守る与党の重りか、宗教的な意味ではお守りか?自民党に捨てられないように。共産党は唯一の野党らしい野党ですから躍進なんでしょうが、野党の選択は共産党しかないってのは国民にとって不幸かな。社民党は生きている化石といっては失礼か。次世代は次世代よりも世代交代したほうがベターでしょうかね。そういえば生活の党ってありましたね。
前の10件 | - 我喜欢中国 ブログトップ