So-net無料ブログ作成

この時期に600億円の選挙?大義のない無駄な選挙 [raison d'être]

安倍首相の独断の国難の衆議院解散選挙。森友加計学園飛ばしの選挙に国税が600億円くらい消費されれます。過去の推計額ですから、今はおそらくもっとかかるでしょう。マスメディアはだらしない。ほとんど何の批判もしないわけで、忖度もここまで来れば自主的な言論統制そのものでしょうか。

呆れてしまう。政治家の政治家のための政治家だけのご都合選挙。いやはや、、、呆れた。確かに政治はまつりごとだと思いました。政を「まつりごと」と読むようですが、祭り事でしょう。安倍首相は、選挙で圧勝して、森友加計学園問題を粉砕し、一挙に憲法改正へと持ち込むのでしょう。

嫌いな言葉ですが、これは政治家のための政治の戦術としてはリーズナブルです。選挙民の意思の確認といより、選挙にただ勝つための政治屋の発想としては極めて妥当でしょう。しかし、これが日本国の政治として妥当とは決して言えないでしょう。

国を誤る、政治の私物化と言われかねない類のもの。さて、日本はどうなるのか、何処へ行こうとしているのか?こういう時代が来るとは毫も思いませんでした。マスメディアが自民党忖度放送局として活動している中で、元SMAPの稲垣・草薙・香取の三人がインターネットを活動の場として活躍しそうなのは期待できるかな?

テレビは吉田類の酒場放浪記で決まりでしょう。今は仙台編で馴染みの繁華街が写っているのは楽しい。つまりない忖度政治報道よりも、よほど精神的によろしい。

IMG_7097.jpg
 酒田の街角 誰も居ない?





nice!(0)  コメント(0) 

キャンセルしたくないから、、、 [raison d'être]

米朝関係の悪化からニューヨーク株が下落している。とうとうヤっちまったゼとならない事を願う。実は今晩飲み会なんだキャンセル料払いたくないんだ、、、、


nice!(0)  コメント(0) 

衆議院解散の決断は国難のため? [raison d'être]

安倍首相が衆議院の解散を決断したのは、民進党で前原氏が代表となったからでしょう。別名、自民党別働隊の前原氏(本人はそう意識してはないか?)は共産党を毛嫌いして野党共闘は組まないとみたわけで、これなら野党総崩れで自民党の圧勝間違い無しと見たわけです。

とは言いつつ、極右じゃないか?と思しき小池新党やらに自民党極右に近い右派が流れていくようで、なんともまあとは思います。安倍首相の演説では「国難」と述べていますが、ホントですか?そりゃ安倍難じゃないですか?あるいは森友加計難じゃないですか?と難儀やなあ、、、難ともまあ、、、

今回の選挙にいったい幾らかかるのかしら????そして難のため?国難ね、、、、

IMG_7094.jpg
 国難の最中に山形の酒田に行ってきました。ハタハタ(鰰)を食べてきました。美味しかった。


nice!(0)  コメント(0) 

仕事人内閣の唯一の仕事は解散決議署名だけ? [raison d'être]

本当に安倍晋三首相は衆議院解散をするつもりのようですが、今の仕事人内閣の仕事とは解散の署名するだけなんですね。それが唯一の仕事、、、、、あまりにも国民を馬鹿にしているんじゃないか?と思います。選挙にまた数百億円の税金を無駄にかける。

公明党の議員が、森友加計学園飛ばしの解散だと自嘲気味に言ったとか、、、、そうなんでしょう。北朝鮮のミサイルが日本の上空ではない宇宙空間を横切っただけで日本の内閣は解散、、、、安倍総理は解散総選挙後の圧倒的多数で憲法改正を目論むとか、、、あんまりだね。

自民党は党利党略だけで、国政なぞお構いなく衆議院を解散するわけで、ここまで自民党は劣化したのか?と呆れ果てました。

ところで、安倍首相の国連演説の会場はいつものようにガラガラ。そして最前列で熱心にメモ取るのは北朝鮮代表でした。やっぱり北朝鮮と直接対話した方が良さそうです、元小泉首相のように、、、


nice!(0)  コメント(0) 

将軍様のミサイル一発で日本の内閣解散  [raison d'être]

衆議院解散が噂されています。民進党の離党が相継ぎ、森友学園、加計学園疑惑を一気に飛ばすが如く、衆議院を解散し、選挙で圧勝を狙う安倍首相の戦略だとか。が、この解散を最も喜ぶのは北朝鮮の将軍様でしょう。

曰く、日本の上空宇宙空間を北朝鮮のロケットミサイルが通過しただけで、日本の安倍内閣は解散してしまった!!と。将軍様のロケットは核弾頭を付けて無くても日本の内閣を粉砕した!!と。将軍様のミサイルの威力とは凄いものだと。さぞかし、北朝鮮は喜ぶでしょう。

大義の無い自民党だけの小手先の利益を狙った解散は、欧米からも意味不明でしょう。金正恩のミサイルが日本上空を通過しただけで安倍内閣は解散すると笑いものではないか?解散を最も喜ぶのは将軍様ではないか?北朝鮮に圧力をという日本の内閣が、その舌の根が乾かぬうちに、解散とはいやはや。




nice!(0)  コメント(0) 

戦争は回避 [raison d'être]

スクリーンショット 2017-09-12 7.38.50.png

これを見てホッとした。北朝鮮との戦争は回避されるだろう。日本政府はあくまで強硬に全面石油禁輸と主張しているらしい。かつ世論も厳しくという感じですが、そんなことすれば戦争リスクが上がるだけ。オーストラリアの戦略アナリストが分析していましたが(ニューズウィーク誌に記載)、今は米国が衰退していく時期で、中国が東アジアのイニシアティブを確実に取る時代となっている。中国は明確に北朝鮮を攻撃したら守ると宣言しています。

中国の意見を入れずにSanctionも決まらない。トランプ大統領がアメリカンファーストと言う通り、もう自国一国しか見ることの出来ない国となっています。他国をみる余裕はないし、ましてや東アジアのイニシアティブなど取れるわけが無い。ロシアと中国が満足する形での制裁を米国が取らざるを得ないという時代。それを覆そうとすれば紛争と戦争が生じる。兎も角、戦争は回避されたのでしょう、かな?そう願いたいが、、、、


nice!(1)  コメント(0) 

アントニオ猪木頑張れ!!! [raison d'être]

北朝鮮にアントニオ猪木氏が行きました。この緊迫?した状況で政治家らしい政治活動が出来るのはアントニオ猪木氏しか居ないのが日本の政治家の現状ですが、彼が居るだけまだマシなのが日本の政治家業界かもしれません。

私が大学生の頃に、会食している時に友人がアントニオ猪木は凄いんやで、と教えてくれたことがありました。プロレスラーとして凄いのか?と思ったら、目の前のTabascoを指して、これはアントニオ猪木が輸入していて日本のTabascoの100パーセントが彼の輸入代理店経由なんだと説明してくれました。アントニオ猪木氏は実業家としての顔を持つことをその時に初めて知りました。

圧力圧力とだけ一辺倒に言うのが日本の政府政治家の多くのようですが、それでなんの解決があるのか不明ですし、状況の悪化を招くリスクだけかもしれない。第一、圧力一辺倒で今までやって来て何の効果があったのか?今のところ、トランプ大統領は、軍事介入は第一選択ではないと述べたので、少しはいいのかもしれない。

が、米国の世論はフィフティフィフティで軍事介入も止むなしとなっているようです。かなり危険な状況には変わりないです。日本人の多くも米国人の多くも、米国が軍事介入したアフガニスタン、イラクが未だもって混乱状態なのは忘れているかのようです。戦争では何も解決しません。

日本の政治家で北朝鮮問題に関して頼りなるのはアントニオ猪木氏しか居ないでしょう。

対テロ戦争に参加した米兵の苦悩の記事です。戦争とは言え人を殺すことは、人間としての精神を追い詰めることになるのでしょう。戦争は是非とも回避でしょう。
  ↓
https://news.yahoo.co.jp/feature/738


nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮核実験かあ、、 [raison d'être]

北朝鮮が核実験をしました。6回目。安倍政権やマスメディアは圧力圧力と言っていますが、これは戦略的(嫌な言葉ですが)に誤りでしょう。圧力は今まで随分かけてきたのです、全く無効でしょう。かつ中国、ロシアが完全に北朝鮮を切るはずがありません。

北朝鮮政権が崩壊したら、中国ロシアは黙っていないでしょう。米軍基地が自国の目の前に出来ることは、どう考えても許さないでしょう。北方領土も戻ってくるわけがないでしょう。北方領土が戻って来たら、日米地位協定がありますから、米国は日本の北方領土で自由に軍事活動ができます。それをプーチンが容認するわけがありません。

北朝鮮問題を解決改善するには、多少の外交的圧力はあっても軍事的な圧力は無効で、かつ危険でしょう。平和的にどう解決し改善するしかありません。ツイッターでしかコメントを出せないトランプ大統領は大きな国際平和のリスク要因です。北朝鮮と米国の直接対話をお膳だてするくらいの器量が日本にあればと思います。

北朝鮮に軍事的な衝突が生じれば、東南アジアの平和は一挙に覆ります。日本も大きなリスクの中に飲み込まれてしまいます。


nice!(0)  コメント(0) 

Jアラートのその後 [raison d'être]

北朝鮮のミサイル試射の後は案の定、政府与党のイメージ操作?だけではないですが、北へ強硬にという論調が多いようです。しかし、北海道上空とは言っていますが、宇宙空間をミサイルは飛行したので領空侵犯ではありません。

もし日本を狙った核ミサイルだったら、丈夫な建物に避難で大丈夫とは思えないでしょう。本気で考えるなら全国の各町内会毎に地下核シェルターでも作らないといけませんし、直撃ならそんな核シェルターでも役に立ちません。下手に丈夫なビルディングにパニックになった住民が殺到したら大事故にでもなるでしょう。

襟裳岬沖1000キロってイメージ操作?していますが、そりゃ公海上ですわね。だから何もしなくて良いとは思わないです。ただ日本がやれる選択肢は限られています。ニューズウィーク誌にも書いてあります。制裁は今までやって来たように無効です。では何か?北朝鮮との直接対話です。小泉元首相がトライしたように。

Jアラートをいくら整備しても、核攻撃に耐える避難場所はありません。憲法改正して日本が核武装しても、先制核攻撃に耐えることは出来ません(お互いが核攻撃して双方に甚大な被害が出るだけ)。制裁一辺倒の外交ではもう手詰まりです。日本政府は北朝鮮への石油輸出禁止を唱えているようですが、戦前の日本は対日石油禁輸で追い詰められて真珠湾攻撃となりました。


nice!(0)  コメント(0) 

疑似観光旅行? [raison d'être]

私の周りにはリタイア世代が多い。リタイアを満喫する為に旅行に行く知り合いが多いのですが、数年するとどうも飽きるようです。飽きると言うか、なんと言うか。◎◎まで行って見たけど、写真やテレビで見たほど綺麗では無かった。あるいは、歴史的建造物とか言うけど、大して見る価値はないとか述べます。

どうして、そんな事を言うのか?私自身が行きたいと思っている観光歴史名所を友人が行ってきた時は、どこそこは寄ったのか?ついでに◎◎も見て来たか?と問うと、怪訝な顔をして、そこは観光コースに入ってないし、なんでお前はそんな処まで知っているんだ?と。

で、その自分が行ってもない観光歴史名所の蘊蓄を語るのがいつものこと。だからさ、教養の差よ!と揶揄し、からかうのが常です。まあ、私は人が悪いのですが。そして、さんざん、行ってきた友人から名所の情報を得て、やっぱり大したことないなあ、自分がお金かけて時間をさいて、わざわざ行くのは止めようと思ったりする。

というわけで、蘊蓄の割には実際に行ったところは少ない。知り合いの観光旅行で自分は疑似観光旅行体験というわけです。



nice!(0)  コメント(0)