So-net無料ブログ作成
raison d'être ブログトップ
前の10件 | -

落日の国 その2 [raison d'être]

日本の企業の不祥事が続いていますが、神戸製鋼の偽装は数十年前から?らしいとか。これは極めてまずいでしょう。英国に導入された日立の高速鉄道車両はトラブル続きだとか(客席に雨がふるレイン仕様らしい)。F1に復帰したホンダはたいした成績も出せずマクラーレンから三行半。

中国の動画を良く見ますが、ちょっと前までは繋がらなかったり遅かったりしたのですが、今は日本で見ても綺麗に見られる。一方、日本のさも無い有料動画サイトは、有料なのに遅い。無料だとまずイライラして見られない。中国の動画はもちろん無料で見ています。

最近は日本の投稿者も中国サイトに投稿するんですが、日本のサイトで見るより只で綺麗に見ることが出来る。なんのこっちゃ?です。で、中国人の若い世代が、中国のサイトで日本観光した模様を動画で紹介するんですが、、、、なんとも言えません。

しかしですね、中国の若い世代は日本のサブカルチャーに惹かれて来日する。つまり日本のサブカルチャーを担う日本の若い世代にはまだまだ明日がある。悪いことをするとか仕事ができないのは企業の管理職中高年なんですよね。

IMG_7242.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ビーフ・ステーキと選挙 [raison d'être]

何一つ仕事をしなかった仕事人内閣が解散して、自民党圧勝作戦の衆議院選挙投票日が近づいています。なにやら自民党の圧勝の予想が出ています。この予想だと日本の雰囲気では、どうせ投票に行っても同じなら投票には行かないと浮動票はなるのでしょう。この日本の選挙心理は独特なんでしょう。自民党が圧勝?それはイカン!!と投票所に行く!!!とはならないのが従来のパターン。体制に流される方を選ぶ。無駄な努力はしない。元々、ビーフ・ステーキやチーズを食べる欧米人とは違う。ロミオとジュリエットのような悲劇ロマンはおきない。

矢作俊彦のエッセイ集「複雑な彼女と単純な場所」の映画評論のエッセイに『元来、ビーフ・ステーキやチーズを食べ慣れていない日本人に、復讐心という奴はさしたるインパクトを持てない』とありましたが、これは核心を突いているのでしょう。どんな不正を働こうが、どんなインチキをしようが、それを生きている限り憎み、憎悪し、怨念する気概はもともとの日本人にはないのかも。「ロミオとジュリエット」のような憎しみ合う家と家の対立の中の悲恋は従来の日本では成り立たない。対立があったとしても、それとなく振る舞う。

すべては水に流し、曖昧なイメージの気の中に安住するのが日本なのか?でも、最近の若者はステーキもチーズも食べてガッツがある?とは言えビーフ・ステーキは高いから吉野家の牛丼だろうか?だとすればガッツは難しいのか?牛丼どころか、今は豚丼か?ガッツね、、、根性とは言わないよ。あれは星飛雄馬の「巨人の星」で終わったから。阪神はCSで負けたな、、、阪神ニャンガースは可愛い。


複雑な彼女と単純な場所 (新潮文庫)

複雑な彼女と単純な場所 (新潮文庫)

  • 作者: 矢作 俊彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1990/12
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

選挙の告示とロケット [raison d'être]

今日は衆議院選挙の告示です。大義名分が無い選挙ですが、憲法九条の改正(改悪?)の瀬戸際選挙で、こりゃ日本の進路を決めるかな?というものでしょう。綺麗に改憲派と非改憲派が分かれています。改憲派は、自民、公明、維新、希望、その他。非改憲派は、立憲民主党、共産党、社民党、その他。自民公明は、これに森友加計学園問題隠蔽処理がかかっているのでしょう。

将軍様のロケットが宇宙空間を飛ぶのを日本上空を飛びと称して、Jアラートで恐怖心を煽って一気に多数派という自民の戦略は有効でしょうかね?お月様を見て、日本上空をお月様が通過と言うのかな?三つ巴とかマスコミで報道していますが、維新、希望は所詮は自民党の別動隊でしょう。改憲希望は自民の願いでしょうなあ、、、前原は希望の前座として活躍しましたが、さて結果はどうなるか?ピエロの明智光秀で終わるんですかね?

知り合いがJアラートの避難訓練させられたとか。あんなもんこっちに来ないよ(東北や北海道へは)、米国東海岸に届くぞと威嚇しているだけだと述べると、間違って日本に落ちたら?と。あのね、間違って宇宙空間から日本に落ち始めたら、大気圏に再突入で燃え尽きるよと。

それに、北の将軍様が狂気に任せて正気で日本を狙うなら、米軍基地のある三沢、横田、岩国、沖縄のどこかで、戦略的には横田のある東京首都圏を狙うでしょう。Jアラートの避難訓練は本来は東京首都圏でやるべきだけど、そうなると人口過疎地帯の東北や北海道とは違い、訓練でもパニックになり大混乱の危険もあるから賢明なる政府も黙っているんでしょう。

熊をやっつけるために間違っても東北北海道は狙わないでしょう。北の将軍様とトランプツイッター大統領の威嚇合戦を諫めるくらい器量のある日本の元首が選ばれるといいのですがね。襟裳岬の東に飛んだと言っても日付変更線の近くに飛んで行った。物は言いようですね。確かに日本の沖合いにハワイがある。ああ、日本のGPS衛星打ち上がりましたな。日本はどこにみちびきしようとするのかな?

IMG_7210.jpg
 山形鶴岡 魚が美味い



nice!(0)  コメント(0) 

落日の国 [raison d'être]

落日の国とは、言うまでもなく我が日本です。テレビを見ればわかります。出て来るのは爺の巧みの技ばかり、あるいは日本贔屓の外国人のここが素敵日本バンザイばかり。教育予算はドンドン削り、英語も話せない小学校教員に英語教育を担わせる。若者たちに予算はかけず、人口はドンドン減っていく。移民は頑なに拒否。日本の流動性は低い。

とは言いつつ、爺の私は良い国だとは思う。兎に角、治安がよろしい。安心してどこにでも行ける。「落日の国」とは成熟の国ではあります。一方で、保守勢力は戦争の出来る普通の国にしたがっている。やれやれです。若者が減るのに誰が戦争に行くのかね?保守右派は、いざとなれば自分が率先して戦地に行き、子供を戦地に喜んで送り出すのか?今度の選挙で保守勢力が憲法改正に踏み込めば歯止めはなくなるんでしょうな。

ともあれ落日とは美しいものです。








nice!(0)  コメント(0) 

トロイの木馬 [raison d'être]

海外誌には、小池党は自民党の派閥と書かれていたのですが、実際そうでしょう。この小池党は、寛容な保守とダイバーシティを標榜しているらしく、原発ゼロも掲げているようです。なんだか俄には信じがたいのですが。リップサービスなのか、化けの皮なのかただの選挙対策だけのスローガンなのか。

小池党は新生の立憲民主党の候補者には刺客候補を立てるとも述べていますが、これだと自民党の別動隊そのものでしょう。前原が民進党を解党したのですから、要するにリベラル潰しの自民党の別動隊が小池党の実態と見るべきでしょう。

選挙後は、おそらく小池党は自民党と大連立して、小池氏自身が首相に担ぎ出されるタイミングを伺うというのが本来の目標でしょう。小池党があわよくば大勝して乞われて自民党と大連立という青写真でしょうか。

ただ、先にblogしたように排除の論理を振りかざしたのが不味かったようです。リベラルを潰すには排除ではなく内包するくらいの「寛容さ」がないと出来ませんから。かつ、まさか排除したリベラルがこれほど短期間に新党を結成するフットワークがあるとは思っていなかったのでしょう。

リベラルとは保守から見ると、理想論ばかり述べて優柔不断の決断力の無い烏合の衆としか見えないわけです。小池党からすれば排除したリベラルは路頭に迷うみなしごでただ消えゆくのみと思ったのでしょう。保守や右派は、なんでもかんでも断固たる決断と圧力で世の中が乗り切れると誤解しがちですが、この単純さではいつまで経っても学べない。まあ、学べないから保守右派で居られるのですが、、、、

排除したはずの民進党リベラルの残党が新生立憲民主党を結成して、そこそこ勢力を再結集するとは自民党の別動隊の前原隊長も予想外だったのでしょう。トロイの木馬として活躍したつもりでトロい木馬だったと怒っているのか?

IMG_7164.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

排除の論理 [raison d'être]

小池党がリベラル排除で物議を醸しています。もともとブレインが極右で、昨年の東京都知事選から危ない候補だと思っていましたから、彼らが排除の論理に至るのはとてもよくわかります。左派も右派も排除の論理を振りかざすとろくな事はありません。

物質を純化するのは、高度な科学工業技術で人の為になることが多い。まあ、プルトニウムの精製などはちょっとなんですがね。しかし、人の心や思想信条を純化するのは怖いです。思想信条から始まって民族浄化という恐怖に繋がりやすい。

もともと人の心も思想信条も幅広いものです。このレンジを拡げるのが進歩でしょう。豊かな社会とは多様性がある社会です。残念ながら米国もアメリカンファーストで、どんどんレンジを狭める政策を取りつつあります。思想信条、国民から不純物?を排除して純化する政策とは、つまるところ独裁制でしょう。

小池党に合流した細野モナ、前原某もチャライイケメンでした。いえ、外見で人を判断してはいけません。後者はもともと保守の第二極を作ると述べていたのですから、言行一致でしょう。民進党を解党して純化させたようで確信犯。議席を確保するためだけのエセリベラル議員達の化けの皮が剥がれたのが面白い。

排除の論理とは、皮肉なことに排除する側は自らも排除される側でもあるということに気が付かない愚かさを根底にしているって事でしょうかね。


nice!(0)  コメント(0) 

二重の踏み絵 [raison d'être]

民進党の左派が独立して新党を作るとか。まあ、自然な流れでしょう。民進党が小池党に合流するには、憲法九条改正の踏み絵を踏ませるという手法で左派を切り崩そうとしたのですが、この踏み絵は二重になったようです。

何が何でも次期の議席をだけを守るという民進党議員は踏み絵を踏んで小池党に合流したのですが、この合流派の主義主張は変節漢程度の軽薄さでしかなかった。信任するに足らないわけで。トップの方針が変われば、ははあ、御意と述べる程度の軽さなんでしょう。

よく言えば、このような臨機応変な信念のない議員は信じることは出来ませんね。


nice!(0)  コメント(0) 

憲法改正選挙なんでしょう [raison d'être]

今回の衆議院選挙は、やはり憲法改正選挙なんでしょう。自民党安倍総理はもとからそのつもりでしょうし、小池党は自民よりも右派ですから、結局は大同団結して憲法改正を実現すると見た方がいいのでしょう。さて、憲法改正とは憲法九条の改正ですから、これで戦争への歯止めが無くなることになるんでしょう。

私はもう還暦過ぎた爺なんで、子供の世代までは戦争がない選択をしたと思っています。しかし、孫の世代がどうなるかは今の若い世代次第でしょう。勿論、次回の選挙でも非戦の選択で候補を選ぶつもりです。残念ながら軍事力は必要ですが、軍事力を行使せずに外交力で対応するのが政治でしょう。

そういう政治家を選びたいものです。私が小さい頃はベトナム戦争の最盛期で、米国の精神がベトナム戦争によって蝕まれていく様を間近にみたものです。憲法九条の改正によって日本も戦争への道が開かれるわけで、戦争は一つの政治的なオプションとして当然の如く扱われるわけです。

そのオプションを行使するのは政治家となりますが、その政治家がなかなか信用できません。政治不信ではなく、それが政治の本質です。政治家に選挙を通じて信任を与えても、その政治家を常に監視するのは国民の義務であり権利ですが、どうも日本の風土はまだそこまで成熟していません。いや、日本だけには限らないかもしれません。

私は非戦に繋がりやすい政治の選択がベストだと思います。


本当の戦争の話をしよう (文春文庫)

本当の戦争の話をしよう (文春文庫)

  • 作者: ティム・オブライエン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/02/01
  • メディア: 文庫




nice!(0)  コメント(0) 

キナ臭い世 [raison d'être]

自民党をぶっ潰すと言って総裁になったのが小泉純一郎でしたが、民進党をぶっ潰した党首が前原でしたね。自民党別働隊隊長の前原氏らしい。もともと民主党右派の防衛族の前原氏、極右的な希望の党が、希望の灯に見えてもおかしくないのでしょう。さて日本は何処に向かうのか?

Twitterを見ていると、確実に地獄に行く舟と、地獄に行くリスクの高い舟とどちらを選択するかが、今回の選挙だと書いてありました。通勤の朝に自衛隊の車両とすれ違うことが日常となりました。休日に高速道路を走っても、ほぼ必ず自衛隊の車両を見かける。

家人に聞いても通勤途中で自衛隊車両を見かけるのが珍しくないと述べていた。自衛隊は嫌いではないですが、そういう世になったのか?と。今朝見かけたのは牽引式の155mm榴弾砲だろう。近くに王城寺原演習地が近いせいもあるでしょうが、兎に角、頻繁に見かける。

米国は軍需産業の国で、常に戦争をし、そして新規の戦争をしたがっている。アフガニスタン戦争はまだ続いています。北朝鮮危機で米国の軍需産業は活気を呈している。株価も軍需産業が引き上げる展開。傭兵産業も盛んで、民間人として戦争に参加しているのが実態。市民権を餌に移民間もない英語も拙い若者も参戦する。戦争をすれば大統領の支持率も上がる。

日本もキナ臭い世になったもんだ。

IMG_7087.jpg
 熊の楽園 戦争より熊が好き


nice!(0)  コメント(0) 

この時期に600億円の選挙?大義のない無駄な選挙 [raison d'être]

安倍首相の独断の国難の衆議院解散選挙。森友加計学園飛ばしの選挙に国税が600億円くらい消費されれます。過去の推計額ですから、今はおそらくもっとかかるでしょう。マスメディアはだらしない。ほとんど何の批判もしないわけで、忖度もここまで来れば自主的な言論統制そのものでしょうか。

呆れてしまう。政治家の政治家のための政治家だけのご都合選挙。いやはや、、、呆れた。確かに政治はまつりごとだと思いました。政を「まつりごと」と読むようですが、祭り事でしょう。安倍首相は、選挙で圧勝して、森友加計学園問題を粉砕し、一挙に憲法改正へと持ち込むのでしょう。

嫌いな言葉ですが、これは政治家のための政治の戦術としてはリーズナブルです。選挙民の意思の確認といより、選挙にただ勝つための政治屋の発想としては極めて妥当でしょう。しかし、これが日本国の政治として妥当とは決して言えないでしょう。

国を誤る、政治の私物化と言われかねない類のもの。さて、日本はどうなるのか、何処へ行こうとしているのか?こういう時代が来るとは毫も思いませんでした。マスメディアが自民党忖度放送局として活動している中で、元SMAPの稲垣・草薙・香取の三人がインターネットを活動の場として活躍しそうなのは期待できるかな?

テレビは吉田類の酒場放浪記で決まりでしょう。今は仙台編で馴染みの繁華街が写っているのは楽しい。つまりない忖度政治報道よりも、よほど精神的によろしい。

IMG_7097.jpg
 酒田の街角 誰も居ない?





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - raison d'être ブログトップ