So-net無料ブログ作成

Jアラートのその後 [raison d'être]

北朝鮮のミサイル試射の後は案の定、政府与党のイメージ操作?だけではないですが、北へ強硬にという論調が多いようです。しかし、北海道上空とは言っていますが、宇宙空間をミサイルは飛行したので領空侵犯ではありません。

もし日本を狙った核ミサイルだったら、丈夫な建物に避難で大丈夫とは思えないでしょう。本気で考えるなら全国の各町内会毎に地下核シェルターでも作らないといけませんし、直撃ならそんな核シェルターでも役に立ちません。下手に丈夫なビルディングにパニックになった住民が殺到したら大事故にでもなるでしょう。

襟裳岬沖1000キロってイメージ操作?していますが、そりゃ公海上ですわね。だから何もしなくて良いとは思わないです。ただ日本がやれる選択肢は限られています。ニューズウィーク誌にも書いてあります。制裁は今までやって来たように無効です。では何か?北朝鮮との直接対話です。小泉元首相がトライしたように。

Jアラートをいくら整備しても、核攻撃に耐える避難場所はありません。憲法改正して日本が核武装しても、先制核攻撃に耐えることは出来ません(お互いが核攻撃して双方に甚大な被害が出るだけ)。制裁一辺倒の外交ではもう手詰まりです。日本政府は北朝鮮への石油輸出禁止を唱えているようですが、戦前の日本は対日石油禁輸で追い詰められて真珠湾攻撃となりました。


nice!(0)  コメント(0)