So-net無料ブログ作成
検索選択

医食同源 [健康都市伝説]

医食同源という言葉があります。日々食べる食事を以って薬のように健康を図るという意味でしょうか。私は医師ではありますが、あまり薬を処方したくない方です。時々、前医の処方を見て、この患者さんは一体どういう食生活なんだろう?と思う事があります。

こんな処方量(の多さ)でなければ、この薬は効かないのか?とか、なんでこんなに処方する薬が多いのか?食事の方は気をつかっているんだろか?と疑問に思うのです。勿論、食事だけで薬の代替えにはなりませんが、今は優れた薬があるから何を食べても自由ということは無いでしょう。薬の内容を見れば、どんな食生活かが想像できます。

医学が進歩すると、昔なら到底悪化しかない病状でも薬を飲んでる限りは落ち着いていたり、今までと同様な生活(食生活も含めて)が可能。それをQOLの維持向上というのでしょうか。病気になったら薬よりもまず食生活の改善、それでもダメなら薬ではないでしょうか?何度も書きますが、得体の知れない健康食品を食べても健康にはなりません。バランスの良い食事が基本。

それでもダメなら薬でしょう。

FullSizeRender 6.jpg