So-net無料ブログ作成
検索選択

Go west [raison d'être]

秘密保護法、戦争法、共謀罪で、ついに改憲の流れなんでしょうかね。トランプ米国大統領はプーチンのおかげで大統領になったようですし、英国はEU離脱だし、シニアにはついて行けませんなあ。昔のペットショップボーイズの曲がよく似合う世となった。ペットショップボーイズってなんだあ???


 これは旧ソ連邦への皮肉か?と思ったんですがね、違うのね。ロシアプーチンさんが西を目指すことを予言した曲だったのね。


 こちらの動画だと、アイロニーどころでなくリアリティーの恐怖を感じるような曲に仕上がっていますな。命令一下、統制の取れた社会がやってくるんでしょう。


今週はもう6月 [歳時記]

いつの間にか、今週は6月に入ります。ついこの間、年が明けた思っていたらもう今年も半分過ぎてしまう。やっぱりシニアにとっては光陰矢の如しです。年が明けて半年で、いったい自分は何をなしたか?うーん、、、まあ、半年、現状維持に努めただけで満足すべきか?チト寂しいなあ。

世は色々ありますが、マイペースで淡々とやるのが良いようで。怒らず、騒がず、サボらずでやりましょう。

IMG_5641.jpg
宮城県国道347号線 大崎から鍋越峠への道路


がんのこと [健康都市伝説]

知り合いが入院しているのでお見舞いに先日行って来ました。がんの末期です。がんとわかったのは去年の暮れ。その時点で進行がんでした。今回は二度目の入院で最後の入院のようです。今の医療は進んでいます。昔なら一度目の入院で死を迎えたでしょう。

ご本人は酒もタバコも盛んなかたでした。しかし、最近は健診も受けていなかったとか。残念です。タバコは肺がんだけではなく多くのがんのリスクですし、アルコールは大腸がんや乳がんのリスクです。塩分の取り過ぎは胃がんのリスクです。マスコミでもがんの事はよく報道されますが、あまりリスクのことは報道されません。

センセーショナルなガセネタ記事はよく報道されますが、マスコミでは真っ当な予防記事は報道されません。受動喫煙防止強化法案審議でも、自民党のタバコ派は妨害ばかり。居酒屋でタバコの煙を吸いながらアルコールを飲んで、国民の肺がん大腸がん乳がんが増えても自民党タバコ派は嬉しいのでしょうか?無責任ですな、、、

週末に、またお見舞いに行ってこよう。

IMG_5511.jpg

「がんを防ぐための新12か条」(国立がん研究センターがん予防・検診研究センター)
 1.たばこは吸わない
 2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
 3.お酒はほどほどに
 4.バランスのとれた食生活を
 5.塩辛い食品は控えめに
 6.野菜や果物は不足にならないように
 7.適度に運動
 8.適切な体重維持
 9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから


毎日食べるのは、、、カップ麺の昼? [健康都市伝説]

塩分の取り過ぎは血圧が上がるだけで無く、がんになりやすくなったりしますから是非少な目がいいのですが、なかなか日本では難しいです。食品に多量の塩分が入っています。塩辛いものが多いのがここ東北ですが、特に漬け物、道の駅のお土産にはナントカの一つ覚えで何処でも漬け物。でも他にも高塩分の日常の食品はあります。


それがカップ麺。カップ麺はだいたい5グラムから6グラムの塩分が入っています。汁まで全部飲むと健康を考えるなら1日の塩分摂取上限量をカップ麺一つで達成してしまいます。昼に手軽にカップ麺を毎日というのはお勧めできませんね。毎日カップ麺の昼というのは止めた方が無難です。

しかし、忙しいと手軽に昼はカップ麺というかたも多いようですが、、、ダシを使わず手軽に味付けは塩ですからね。

IMG_5512.jpg
 薔薇 カクテル 

健康マニアとは言うけど、、 [健康都市伝説]

往年の歌手が脳出血で倒れたとか記事が載っていました。なんでもその歌手は健康マニアで、1日90分もジョギングをして食事も気をつかっていたとか。それでも脳出血なのか?と思ってよく読むと、高血圧性脳出血だったと。あれ高血圧だったのか?

血圧の管理をしていないで過激な運動はやっぱり危険でしょう。でも、このタイプの方は多いようです。あのジョギングブームを引き起こした米国のジム・フィックスはヘビースモーカーで、かつ狭心痛を時々起こしていて、周りから心臓の精密検査を勧められていたのですが、自分はジョギングをしているから絶対大丈夫と警告を無視していました。

案の定、ジョギング中に心筋梗塞を起こして突然死してしまい、彼の起こしたジョギングブームも急速にしぼんでしまった。健康マニアだからだと言って医療が不要というわけではないのですが。

IMG_5483.jpg
 アンチエイジングなど願うより健やかに老いてこの「じじばば石」に腰掛けるのがよろしい
 クリックすると拡大されます

今の世 [シニアライフ]

とうとう共謀罪が成立しそうです。良からぬ事を考えずにお上の言う通りに生きなくてはならない時代となったようです。忖度、忖度ですなあ。ああ窮屈な世ですね。友人と共謀罪のことを少し話しましたが、俺たちリタイア世代は若い者が選ぶ政治に口出しするのは止めよという点で一致しました。

友人も私も完全なリタイアではないですが、もう爺です。爺がウルサく言っても煙たがられるだけ。自民公明の独裁制を選んだのも国民の総意ですからね。圧倒的多数なら何でも出来る政治で、実際に何でもやっている。選ぶ野党がないとか言いますが、野党を育てる気も無いのだからしゃあ無い。

友人も組織の一員として使命感に燃えて頑張ってきたのですが、定年を迎えて役職は退いたとか。退いた途端に、組織としての使命感は失せて、個人としての職業観だけで生きるようになったと。共謀罪と聞いて友人が、テロを目的として組織犯罪とか言うが、だいたい俺には組織がないし、もう組織の一員じゃないから関係ないなあと。

なるほど、、、、リタイア世代とは根無し草のように組織から逸脱した世代なんだと。そう言えば、マイナンバーカードは警察や公安調査庁へ個人に無断で提供できるんだよねと、友人に言うと。そりゃそうだろうお上の作る制度だものね。俺はまだ作ってないよと友人が述べるので、いや、俺もだけどね、今更爺顔のカード持って何すんだよ??と大笑い。

IMG_5422.jpg


触らぬ神に祟りなし [raison d'être]

先日、面と向かってかなり失礼な言動を受けたのですが、そんなにこちらの対応は悪かったのか?と振り返っても思い当たる節はない。もともとかなりクセのある人物だと噂のあるひとです。年齢も人生で最も脂ののっている頃で、なんだろうと思ったのですが。

さて、どう対応するか?と考えたのですが、これは今更、その人物の言動を注意しても意味が無いと気が付きました。おそらく言動を注意しても逆上を招くか、反感をいっそう買うだけでしょう。世の中にはこの手の人物が少なからず居ます。

相手が若いならいざ知らず、いい歳してそんな言動しか取れないようなら、そういう人物だとこちらが認識して、触らぬ神に祟りなしとするしかないでしょう。まあ、自分の方が知らずに「触らぬ神に祟りなし」と思われないようにしないといけないですがね、、、、

CategoryImage.png


シンプルが良かった [歳時記]

愛用していたスタバのタンブラーが破損したので、新しいタンブラーを買ったのですが、ちょっと欲をだして保温機能のある某メーカーのタンブラーにしました。ところが、そのタンブラーは内側の保温の為の塗料が少しずつ剥がれてきました。

珈琲を飲みながら塗料も一緒に飲んでいるのか?と思うと不快なので、そのタンブラーは破棄。結局、またシンプルなスタバのタンブラーを買ってきました。シンプルな息の長い製品はダテに息が長いわけではないのですね。でも昔と微妙に違う。進歩はしていますね。進化とは言わない。進化するとタンブラーに脚が生えて歩き出すと困る。

通販で買おうと思ったらイヤに高い。これは無いだろうとスタバに久しぶりに行って買いました。買うと一杯オマケで珈琲が飲めました。そうだったタンブラー買うとサービスで一杯飲めるんでした。オマケの一杯はすこぶる美味しかったです。

IMG_5397.jpg


がんのリスクチェック [健康都市伝説]

世には得体の知れない健康食品が満ちあふれていますが、国立がん研究センターにがん予防の生活習慣リスクチェックがあります。ネット簡単に出来ます。得体の知れない健康食品を摂るよりも、普段の生活習慣のチェックをした方が良いのでは?

スクリーンショット 2017-05-16 16.44.44.png
 がんリスクチェック
      (国立がん研究センター予防研究グループ)
http://epi.ncc.go.jp/riskcheck/index.html

矢作俊彦と横浜 その2 [书]

以前、「矢作俊彦と横浜」という記事をblogしました。日経新聞の書評が読みたくて、久しぶりに日経新聞を買ったら、「半歩遅れの読書術」に『「次元が違う」とため息』というタイトルで面白い記事が載っていました。

矢作俊彦の初の長編小説「マイク・ハマーへの伝言」を読んで次元が違うと一度は作家になることを諦めたという作家さんのエッセイです。その作家は埼玉県出身で、固定観念で東京は格好良いと思っていたら、矢作俊彦のノベルに通底するのは「東京=ダサい、横浜=カッコ良い」という流れで、それにショックを受けたとか。

当時の横浜の雰囲気を知っていれば、そんなことは言わずもがななんですが、そんなもんかな?と改めて気が付きました。横浜は洒落て異国風で、どこか外地の雰囲気があった。だから「マイク・ハマーへの伝言」の小説は成り立った。東京が舞台なら成り立たなかったでしょう。東京には東京タワーにまとわりつくゴジラが似合っていた。


マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

マイク・ハマーへ伝言 (角川文庫)

  • 作者: 矢作 俊彦
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫