So-net無料ブログ作成

加熱式タバコとニコチン中毒 [健康都市伝説]

最近、急速に普及している加熱式タバコですが、煙が出ないので周りにやさしいと思って加熱式タバコに乗り換える愛煙家が多いとか。タバコの葉っぱを使っているので、少ないとは言えタールなど有害物質は出ているし、副流煙問題もあるようです。

あの加熱式タバコを吸うと、普通のタバコが不味いと思う人が多いようです。そこに胡散臭さを感じます。なぜそうなるか?それはニコチン量に仕掛けがあるようです。つまりニコチン量が加熱式では多いらしい。ニコチンが多いと中毒性が高くなり低ニコチンでは満足できなくなる。

なるほどメーカーはよく考えているものです。

現在、厚労省が孤軍奮闘で自民党のタバコ派とやりあって、東京オリンピックまでにタバコフリーの飲食店を増やし、国民の健康度アップをしようとしています。ニコチン中毒自民党議員相手ではなかなか困難な闘いですが、頑張って欲しいものです。死に至るタバコ病の患者を減らすのが国の健康政策でしょうね。

categoryImage.png


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0