So-net無料ブログ作成
検索選択

受動喫煙防止強化はどうなった? [健康都市伝説]

禁煙強化はどうなっているのか?しつこく書きますが、自民党とその付録の公明党はどう対応するのか?情けない。受動喫煙を強化すると飲食店の売り上げが減る?というのは都市伝説です。先進事例の米国ですが、州によって禁煙強化策に差があるのですが、その州間の売り上げには差がないし、影響がないことが示されています。

アルゼンチンでも同様な規制をしたのですが、やはり地域によって規制強化に差があるのですが、売り上げには差はなく、しかも喫煙率も減らなかった。ところが、禁煙規制に厳しい地域の心臓病が減ったとか。つまり、公共の場での受動喫煙が減って心臓病が減ったようです。

WHOの幹部からも日本の受動喫煙対策は時代遅れと指摘されたそうですが、日本は古式ゆかしい国なのか、経済優先なのか、、、、先進国のとる健康政策ではないことは確か。ドラッグストアーでもタバコを売っていますから、儲かればなんでもいいんだの国なんですね。
http://www.news24.jp/articles/2017/04/07/07358464.html


「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

  • 作者: 中室牧子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 この本にもアルゼンチンや米国の禁煙強化のエピソードがコラムに載っていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。