So-net無料ブログ作成
検索選択

忖度を求める驕れるもの久しからず [raison d'être]

日米とも驕れるもの久しからずの様相を呈して来ました。大手メディアの日経新聞にも、とうとう「加計学園」のことが載りました。首相夫人が系列の保育施設の名誉園長に就任の予定とか。あれ?森友と同じ構図。森友学園以上に問題なのは、この学園は国家戦略特区制度を使っての設置で、税金の投入額が半端じゃない。そして例によってくだんの学園の理事長は首相のポン友。

国有地の格安払い下げも特区制度の利用についても、公として説明責任を果たさなければ国の制度の私物化と言われかねません。そこにきて元首相経験者の財務大臣は国会で「指さしてワンワンしゃべってる。偉そうに。失礼だろ」と質問する共産党議員に対して暴言。よほどご自分は偉い大臣らしい。これを驕りというのでしょう。

圧倒的多数の自民党と付録の公明党の与党は、驕れるものと言うべきか。ところで米国のトランプ大統領も上院下院とも与党共和党が多数派なのに、公約のオバマケア廃止法案を議会にかけることも無く断念。辛辣なマスコミは「まぐれでなった大統領」とまで言い始めています。さてさて、驕れるもの久しからず、盛者必衰の理ありですかね?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。