So-net無料ブログ作成

東洋 [我喜欢中国]

若い頃は西洋に憧れ、その文化や先進性に強く魅かれたのですが、今はアジアです。中国がやはり好きです。奥が深い。その昔、批評家の小林秀雄が、新聞記者に「先生は以前は(若い頃は)フランス、フランスだったのに、今は日本が対象ですね?」と言われて、激怒したエピソードがありました。

小林秀雄は、我々は西洋に近づき、折り返し点を過ぎて東洋に回帰していくんだと説明し、その折り返し地点がどんどん伸びていって、やがて西洋と同質になるかもしれないと言ったようです。してみると、私も折り返し点を過ぎたのか?

どうもこの小林秀雄のたとえは、当てはまらないような気もしますが。西洋と東洋とは違う文化と方向性を持っているんじゃないかと。いずれにしても、中国文化や暮らし、習慣、食文化は日本人の私にとってファミリアーなんです。

右翼ではないですが、西洋的価値観が正義ではないでしょう。欧米は結果的に戦争ばかりしている。未だにアフリカ諸国(の資源)を搾取しているような気がする。現在のエボラ問題でも(AIDS問題でも)、欧米列強が医療や教育のインフラを全く整えなかった歴史的背景(布教はしたけど)があります。

ミャンマーの技術援助に行っている知りあいが、現地の写真を見せてくれるのですが、それが懐かしく見える。高度経済成長前の日本のような雰囲気なんです。同じ東洋人として親近感が湧くんですね。中国もそうです。

下は中国でのSNH48のメンバーを起用したソニーの宣伝です。中国ではアップルはまだまだ高いからソニーは食い込めるのかな?中国語のフォーチュンクッキー、ごく一部しか聞き取れない(笑)。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

kei☆

毎日聞いている英会話ラジオの前が、ちょうど中国語講座なので、エンディングだけ時々聞こえます。
全く聞き取れませんが、チャオチャオメンって行ってました(笑)

また、動画でレストランのシーンを英語で見ていたら、「ボンナペティ」とウエイターが言っていて、フランス語かイタリア語なのかな?

語学勉強はパズルを解いているようで、面白いです。
さらに、言葉を通して、習慣や、日本との違いを発見できて、いいですね。

blue先生は、西洋から東洋に折り返しされてますが、私はまだまだ西洋へスタートしたばかりのようです。


 
by kei☆ (2014-12-20 00:11) 

MrBlue

Bon appe´tit ですね。仏語です。たっぷり召し上がれ あるいは 食事を楽しんでください ですね。

チャオチャオメン?ですか、、明天见かもしれませんね、ミンチエンチエン Mingtian jian で、また明日です

by MrBlue (2014-12-21 00:37) 

kei☆

ありがとうございます!
フランス語で、そんな素敵な意味なんですね。謎が解けてスッキリしました。

中国語は、聞き取りが難しいです。
少ない音の日本語を母国語にする日本人には発音が一番大変です。

地道に反復練習あるのみですが(笑)
by kei☆ (2014-12-21 13:44) 

MrBlue

フランス語 どんどん忘れていきます。もったいないので、時々、やっていますが、ザルで水汲むようなもんです。中国語は難しいです。これは表意文字であって、表音文字でないことが大きいです。しかも四声あって、つまりイントネーションが同じ音で四つあって、それで漢字が違ってくる。しかも、中国語のスピードは半端じゃない。とても言語スピードが速いのです。でもなかなか面白いです。
by MrBlue (2014-12-21 14:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0