So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

引揚者国庫債券と勲章 [raison d'être]

敗戦の8月15日には、亡父は旧海軍の舞鶴港で迎えたらしい。当時、いわゆる玉音放送を聴いてもラジオの電波状況が悪くて聞き取れず、勝ったのか?と一部で騒いだとか。亡母は朝鮮忠清南道大田府(現在のテジョンにあたる、チュンチョンナムドに属していたようですが、今は広域市となっている、日本の政令指定都市にあたるのでしょう)で8月15日を迎えた。

母は外地朝鮮生まれで外地育ち。二十歳を過ぎた頃に敗戦で、大田から満州の引き揚げ者とともに貨物車で釜山に、さらに引き揚げ船で山口仙崎港に、そして北海道の親類のところへ。亡母は朝鮮での生活のことはほとんど何も語ることも無く、何かと言えば外地は嫌だとだけ言っていた。

母方の祖父は朝鮮で尋常小学校の校長をやっていたようですが、子供頃に北海道で見た祖父はアル中でした。それでも祖母は、これでも昔は雅号(俳号)を持つ俳人だったと述べていました。亡父も亡母も戦時中のことはほとんど何も語ることはなかった。

FullSizeRender 3.jpg

亡父は生前は叙勲を断り続けて亡くなった。徴兵され志なかばで戦死した同期の友人たちを思うと受ける気にならないと述べていた。母はいつまでも断り続けると変に思われるからと父が亡くなるとすぐに叙勲を受けた。叙勲の日付が父の亡くなった日であることは、最近になって気が付いた。

IMG_6745.jpg

毎年、8月15日に前後になると、母の引揚者国庫債券と父の生前受け取らなかった叙勲のことを思い出します。ちなみに、この引揚者国庫債券は母は受け取らず、祖母が代理で受け取ったようでした。


nice!(0)  コメント(0) 

8月15日は敗戦した日 [raison d'être]

戦争について学ぶ方法は、戦争体験者の戦争小説を読み、その映画を見ることだと内田樹氏がツイートしていました。私もご多分に漏れず子供の頃は軍国少年?で、少年サンデーやマガジンのゼロ戦の解説などよく読んでいた。昔の少年雑誌はアイドル特集ではなく、太平洋戦争の兵器特集で硬派?の雑誌だった。

それがこうじて、古今東西の軍記を読み、戦争小説を読んでいるうちにリベラル左派となって、非戦で平和主義者になってしまった。戦争は悲惨で、非人間的で、極限状態で、おぞましいと心底から思うようになりました。

亡父は戦時中に徴兵されて海軍に行き、命からがら生き延びて帰国した(徴兵された同期の三分の二が戦死)。亡父の兄(私の伯父)はインパール作戦に軍医で行き、亡父同様に命からがら帰国し田舎開業医をして天寿を全うした。敗戦後紙くずとなった大量の戦時国債を亡父と伯父が見つけて馬鹿なことしたもんだと述べていた。

その国債は祖父が購入したもの。亡父も伯父も、国の言うことを鵜呑みにしてはいけないと何度も述べていた。亡父は戦後の郵便貯金さえ信用はしていなかった。国の都合でいつ口座が凍結されるかわからないと。

太平洋戦争の戦死者の過半数が餓死と病死だった。これが当時の日本国政府の述べる聖戦の現実。戦争に限らず、歴史とは勝者の歴史であり、敗戦国の日本が戦勝国の歴史を変えることはできない。再び戦争して勝てば歴史を変えることは出来るかも知れないが、妄想でしょう。

勝てば官軍、負ければ賊軍というのが鉄則。8月15日は終戦ではなく敗戦の日。敗戦したことを深く自覚する日。勝算のない戦争を始め、敗戦が明らかでも降伏しようとしなかった国家指導者こそ戦犯。


戦争の悲惨さは、戦勝国側の体験者でも綴ることは同じ。

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

  • 作者: ユージン・スレッジ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/08/07
  • メディア: 文庫




nice!(0)  コメント(0) 

間違って買った本 [书]

伊坂幸太郎の小説は別にファンでもなくても時々読んでいたようですが(伊坂幸太郎と意識することなく話題の本として読む)、この「アイネクライネナハトムジーク」は買って失敗した恋愛本でした(苦笑)。なんせ私は還暦過ぎた爺なんで、琴線に触れないどころが、その手の琴線がもう切れている。

大昔、私が高校生の頃に庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」を父親が「話題作は読む」と述べて読んで、「つまらない」とコメントしたのですが、芥川賞受賞作が月刊「文藝春秋」に載っていて、そのまま父親が読んだわけで、そりゃつまらないよ、オヤジにはもう琴線が無いだろうと当時思ったのですが、私も恋愛琴線の無い歳になった。

日常の会話が文中に多いのですが、これがまた苦手。心理描写もなく(あるのかな?不感症で感じないだけか?)、ト書きのような会話の連続に思える文章に疲れてしまって途中放棄。あとがきに、泥棒、強盗、殺し屋、超能力者、犯人などが珍しくない本になったとあるんですが、こういう奇妙な設定に頼っていてはダメだろうけど、頼らない結果がト書きのような会話文では、、、ストリーテラーから真の小説家になるのは難しいということか。


アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: 文庫


タイトルが「アイネクライネナハトムジーク」ですが、ドイツ語を学んだ身には、これまんまの意味にしか通らないので、どういう語感を筆者がイメージしてタイトルとしたのかもピンと来ないんですわ。今更、モーツアルトでもないでしょうしね、琴線切れてます。亡父と同じで、味わう側の賞味期限切れですわ(笑)。


nice!(0)  コメント(0) 

お盆休み [歳時記]

しばらくぶりにお盆休み取りました。それも6日間も。職場のみんなごめんね。まぁ、たまにはいいでしょう。

image-20170815212845.png
秋田の稲庭

image-20170815212924.png
稲庭うどんでしょー

image-20170815213002.png
秋田のお酒も美味しい

image-20170815213058.png
トコトン山

墓参りもしたし、親類のお見舞いもしたし、充実したお盆でした。



nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮のミサイルエンジンはウクライナ製? [raison d'être]

New York Timesの記事によりますが、北朝鮮の急速なミサイルの進歩は、どうもブラックマーケットで手に入れたウクライナのロケットエンジンによるらしいとか。なるほどと。

米国の前大統領のオバマは、サイバー攻撃で北朝鮮のミサイル開発を妨害して、一定の成功を収めていたのですが、最近の北朝鮮ミサイルの格段の進歩は、ロシアの侵略で崩壊状態のウクライナロケットエンジン技術の漏出の結果ではないか?と。

トランプ大統領はロシアに甘く、ウクライナ問題にも腰がひけていますが、その間隙を縫ってウクライナは北朝鮮にミサイルロケット技術を流しているのでは?と。旧ソ連のウクライナはロケットミサイル、ジェット機エンジンの一大生産地でしたしね。今も中国の戦闘機のエンジンはウクライナ製に頼っているはず。

東部ウクライナはその重工業を主体とする地域で現在はロシアの支配下。北朝鮮だけでなく、世界各国にこのミサイルロケット技術が漏洩していけば、大変なことなるだろうと、、、、ロシアはこのウクライナの技術漏出に一枚噛んでいるではないか?と。

なぜロシアが関与するか?それは、北朝鮮の現体制を維持して貰いたいからでしょう。北朝鮮が崩壊して、韓国の統一朝鮮半島が出現すると、ロシアは直接的に韓国に駐留する米軍の迎撃ミサイル網に対峙する必要が出て来る。それは中国にとっても同じ。中国にとっても国境の鴨緑江のすぐ向こう側に米軍基地は見たくない。

今日は日本の敗戦した日ですね、、、、二度と敗戦は経験したくないし、戦争にも関与したくなですが、、、、


nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮と米国のこと [raison d'être]

トランプ大統領は米国の大統領で、米国の民主的な選挙で選ばれたので文句は他国民としては言えないのですが、とっても迷惑で危険な大統領です。北朝鮮とやりあっているのですが、間違って北朝鮮がミサイルでもグアム島に向けて発射でもしたら大変なことなる。

メディアではミサイル迎撃だの核シェルターだのを話題としがちですが、そんなことよりも、北が下手に挑発したら、トランプ米国は北朝鮮を攻撃するでしょう。それを日本の右派は喜ぶかもしれませんが、北朝鮮は体制崩壊し大混乱となり多数の難民が周辺諸国へなだれ込むでしょう。

韓国は大勢の北からの難民を抱えて経済的な混乱は避けられません。中国にも難民が押し寄せ、日本へも数は韓国や中国ほどではなくても多数の海からの難民を抱えることになります。これは考えたくない現実的なリスクです。

不測の事態を招きかねない余計な圧力を、これ以上は北朝鮮にはかけない方が良いでしょう。と、先日読んだ「戦争の大問題」にも書いてありました。ヨーロッパでも難民問題で揺れています。日本ではほとんど話題にならないロヒンギャ難民問題も根が深い。北が崩壊したら大変なことになるのは確かでしょう。

IMG_6689.jpg
と、山形の板そば食べながら考えた、、、、



nice!(0)  コメント(0) 

古い曲のこと [歳時記]

埋め込み禁止なんで、そのままURLを載せておきます。これはチューリップの「心の旅」です。私が大学受験浪人しているときに大ヒットして、街ゆけば何度も流れていた曲。1973年の大ヒットだったか?当時の(若者の)雰囲気をこのビデオクリップはよく出していますが、これビートルズのビデオクリップに触発されて制作したのか?とも思います。

https://www.youtube.com/watch?v=0WPUyEIfo60

最近、財津和夫氏は大腸癌だとか早く復帰するといいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

非戦のこと [书]

休日なんで久しぶりに読書。丹羽宇一郎氏の本ですが、丹羽節です。「中国の大問題」と重複するところが多いですが、改めてそうだなと思います。戦争はしてはいけない、それが重要ということ。非戦です。

田中角栄が「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが、戦争を知らない世代が政治の中枢となったときはとても危ない」と紹介しています。まさにその通りだと思います。

また、あの小泉総理の「日朝平壌宣言」も触れています。あの宣言が実行されていれば、北朝鮮の現在の核武装ミサイル開発の脅威はなかったはず。この宣言は北朝鮮は核不拡散条約を遵守し、かわりに、日本から経済援助を受け日本と国交を樹立すると、欧米メディアはあの北朝鮮から大きな譲歩を得たと賞賛したのですが、しかし、拉致問題が日本国内で大きく再燃して流産してしまった。でもね、これは小泉に北朝鮮外交イニシャチブを取らせたくない米国が壊したと思いますがね、、、、米国とはそういう国です。でも、私は親米、親中ですが、、、、


丹羽宇一郎 戦争の大問題

丹羽宇一郎 戦争の大問題

  • 作者: 丹羽 宇一郎
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(0)  コメント(0) 

忖度は身を救う  [歳時記]

昨日はNHKの報道をけなしたのですが、昨日の朝の6時のニュースを見るとトップで佐川新国税庁長官が着任の記者会見を異例なことにキャンセルとちゃんと報道していました。森友学園問題で木で鼻をくくるような曖昧な答弁と肝心なことは忘れた、書類は処分したという不誠実さですが、これを麻生財務相は国会で丁寧な説明だったと評価?しての起用とか。

籠池氏は逮捕され、どうみても口封じで、一方は異例の出世。安倍内閣の本質が見えます。森友学園は潰したのですが、加計学園はそのまま開校らしいです。その昔、安倍総理が表した「美しい国」とはこういう国なんですね。忖度、忖度、、、、出世の為なら忖度、忖度、、、


新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

  • 作者: 安倍 晋三
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/01/20
  • メディア: 新書




nice!(0)  コメント(0) 

NHKは民放の真似ばかりで恥ずかしくないのか? [歳時記]

最近のNHKは、民放で人気のあるタレントばかり起用して番組を作っています。いったい受信料を払うようなテレビ局なのか?と思います。さんま、マツ子、所、、、等々、別に嫌いではありませんが、別にNHKのチャラい番組で有料で見る必要はありません。ただでコマーシャル付きで民放で見ればよろしい。

政治報道は相変わらず政権与党に忖度するような解説ばかり。鋭く問題点を突くような報道は皆無。無難に与党に忖度する報道。受信料は取りますが、税金投入部分が大きいので与党に対して中立報道など出来ないのでしょう。

この民放はCMが無いなあと思っていると、あっ、これNHKかよ?と、、、、NHKのディレクターは恥ずかしくないのか?民放で活躍中のタレントでしか番組視聴率を維持できないかね?こんなNHKに受信料など払う必要があるのか?

ただし、語学講座は別ですよ、、、私の趣味だから。NHKは、この際、思い切ってe-テレだけでいいかもね、、、、NHKの娯楽番組ほどくだらないものはない、、、


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -