So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

周回遅れの読書 漁港の肉子ちゃん [书]


漁港の肉子ちゃん

漁港の肉子ちゃん

  • 作者: 西 加奈子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/09/01
  • メディア: 単行本



漁港が舞台なんですが、小説中では北陸としてある。でも、北海道か東北じゃないか?と思うような描写で、作者の後書きで、もともと宮城県の石巻、女川からインスプレーションを得て書いたものと。そうなんでしょうね。勿論、震災前の町のイメージですが。

私は今でも石巻、女川方面にドライブによく行きますから、なんとなく雰囲気が北陸ポクないなあと。ストーリーは心温まるメルヘンです。母子の話で、主人公は多感な少女。まあ、男の子ではこういう物語は成り立たない。女の子ならではの多感さと繊細さが軸となる展開。

主人公の少女は小説が好きな子です。小説の醍醐味は小説の主人公と同化して没頭できることとある。そうなんですね。重い小説を読んでいると、こういうホッと出来るメルヘンがよろしい。

補足


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 風の影 [书]


風の影〈上〉 (集英社文庫)

風の影〈上〉 (集英社文庫)

  • 作者: カルロス・ルイス サフォン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/07/01
  • メディア: 文庫


10年程前の世界的ベストセラーで、本を買ったまま読む機会がなかったもの。日本ではあまり話題にならなかったような。日本だとこれだけ長いと敬遠されるのか?と思いますが。家族の愛憎の物語で、殺人鬼が出てきたりして、定型的なミステリー小説です。舞台はバルセロナで、このスペインの都市とスペイン内戦の暗澹とした社会の雰囲気が出ていて面白い。

ネタバレですが、没落家族の生き残りの復讐鬼となったはずの人物のストリーが抜けたまま終わっている。後半で、アレ?と思うと予感したように韓流冬ソナ風のオチにちょっと白けるのですが、まあ永遠のオチですなあ。なんとなくミステリーですが、主要人物の設定を途中で変更したか、あるいは謎を謎たらしめる為に故意にエピソードを盛り込んで整合性がほんのちょっと付かなくなったままに終わったのか?と思う展開でした。まあ些細なことですが。

小説の最後の方に『本を読むという行為がすこしずつ、だが確実に消滅しつつあるんじゃないかと言う。読書は個人的な儀式だ、鏡を見るのとおなじで、ぼくらが本のなかに見つけるのは、すでにぼくらの内部にあるものでしかない、本を読むとき、人は自己の精神と魂を全開にする、そんな読書という宝が、日に日に稀少になっているのではないかと、、、、』とあって、なるほどそうだなあと思います。

戦争については『戦争は、忘れることをえさにして大きくなっていく。わたしたちは誰もが口をつぐみ、そのあいだに、戦争は、わたしたちを納得させようとする。わたしたちが見たものや、やったこと、自分の経験から、あるいは他人から学んだことはただのまぼろしだった、一過性の悪夢だったのだと、わたしたちに思いこませようとします。戦争に記憶はないし、誰もあえて戦争を理解しようとしない。そのうちに、なにが起こったのかを伝える声が消滅し、わたしたち自身も、戦争というものを認識できなくなるときがやってきます。すると戦争は、顔を変え、名前を変えてもどってきて、後ろに残してきたものをむさぼり食うのです。』と、今の日本がそういう状況かもしれないですが、、、





nice!(0)  コメント(0) 

珈琲党 [歳時記]

小説を読んでいたら、カフェ・コン・レチェが出てきた。フランスのカフェ・オ・レの方が日本では有名のようですが、これはフランスではなくてスペインのもので、濃いめの珈琲にミルクを入れたもの。フランスでは、珈琲と言えばエスプレッソとなっているようです。Café con leche とはミルク入りの珈琲、フランスの café au lait よりもイタリアの Caffè Latte に近いとか。

私は珈琲党で、あんまり信じませんが、珈琲は身体に良いとか言われます。だから沢山飲むわけでなく、ただ単に好きなだけ。


nice!(0)  コメント(0) 

忖度報道テレビはつまらない [歳時記]

国会では森友加計学園問題の質疑があるんですが、NHKをはじめマスメディアテレビは政権への忖度報道局と化して、日馬富士の問題ばかりの報道。実に面白くない。バラエティーもクイズもいつも同じ顔ぶれ。ニュースショウーではいつものタレントが自分のことは棚に置いて説教調のトーク。ああテレビはつまらない。





ということで、本を読むことに。今、読んでいるのはこの本。結構な長さがある。10年くらい前に買ったような気もしますが、ずっと積ん読でした。まだ読み終えていませんが、舞台はスペインのあのバルセロナ。カタルーニャ州独立問題で揺れたバルセロナ。フランコ独裁政権の内戦の影を色濃く残す小説でなかなか嵌まります。


nice!(0)  コメント(0) 

読書は楽し [シニアライフ]

最近は昔のように本を結構読むようになりました。シニアライフです。本は中国語で 书 です。シューなんですね。フランス語では、livre です。で、小説はフランス語で roman (ロマン)なんですね。恋愛小説は roman d'amour (ロマンダモール)なんです。

やはり小説はロマンなんですね。読み込めば小説の世界に入り込み、夢と冒険の不可思議な世界に踏み込むことができます。若い頃は小説に没頭するのは現実逃避じゃないか?と思ったこともありますが、そうではないようです。

現実に体験出来ることは限られています。かつ、現実に体験していては命が危ない、生活が出来ない。しかし、小説の世界では感動はそのままに体験できます。ここがよろしい。映画だってマンガでも感動はできるでしょうが、小説の世界では自分の思うとおりの想像を掻き立てられるのが良いわけです。

読んでいる自分の想像力が試されるのも悪くないです。というわけで、かなり減ったとは言え、まだ私の書棚には沢山の読んでない本があります。いつか読むだろうと時々、買っています。最近の多くはアマゾンの古本です。本当は古本屋に行けば楽しいのでしょうけど、古本屋さんも減り、かつ時間がやっぱり取れない。

さて、今度は何を読むかな?


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 何者 [书]





今の就活状況がよくわかる本でした。こちらは終活ですが(笑)、それはさて置き、ツイッターなどのSNSを使いながら自己表現していく若者の落とし穴を描く。若者に限らず、カッコよくスマートに生きる為に、一歩、あくせくした現場から引いて評論家の様に周りをクールに批判する。でありながら、隠れて自分ももがいている。もがく自分は決して他人には見せようとしない。

読んでいるうちに、どうしても読者は主人公と同化して行く、すっかり同化してしまった終わりの方で主人公と同化していた読者もそのプライドをぐちゃぐちゃに覆される。SNSの匿名性を過信していた主人公のウッカリミスから。いかにもありそうな話しです。直木賞受賞作品で上手い書き手です。これ映画になるなあと思ったらなっていた。周回遅れの爺は世事に疎い。

映画の理香の役は二階堂ふみでしたが、彼女ならいいでしょう。この理香がキーパーソンとなる小説ですから。兎も角、小説からのメッセージはかなり健全で、かつ古い感じがしました。タイトルの「何者」がなぜタイトルなのかが最後で判る。作者にしてやられてた感。青春小説です。


nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 カデナ [书]


カデナ (新潮文庫)

カデナ (新潮文庫)

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/07/28
  • メディア: 文庫



サンミゲルビールのことを書いたついでに出した本。舞台は1968年頃の沖縄。当時、リンドン・ジョンソン米国大統領の命によりベトナム戦争で当時の北ベトナムを沖縄の嘉手納(カデナ)基地から飛び立ったB−52爆撃機で爆撃していた。子供頃はカデナは不覚にもベトナムの米軍基地の地名だと思っていた。でっち上げのトンキン湾事件でベトナム戦争の戦線拡大をしたのは、あのJFケネディ大統領です。無差別北爆はジョンソン米国大統領後のニクソン大統領が有名です。ニクソンは和平協定を有利に導こうと北爆を激しく行った、、、和平協定の為に。

小説は、嘉手納の米軍基地から盗み出した北爆情報を北ベトナム軍に流して、爆撃の事前に物資や人員を避難させるというスパイ活動の話。あるいは逃亡米兵をスウェーデンに逃がす活動。出て来る登場人物には純系の日本人?はほどんど出てこない。日本人とはヤマトンチュウのこと。ヤマトンチュウとは内地の人という意味ですが。

主人公は、沖縄人で戦前にサイパンに出稼ぎに行った男性。そこそこサイパンで生活が軌道に乗ったところで、太平洋戦争の戦場サイパンとなり家族親類を全員失って沖縄に戻る。戦場のサイパンの悲惨な戦いについては別の本で読んでいたので、その地獄模様が思い浮かぶ。

その主人公が、アマチュア無線で北ベトナム軍に暗号で情報を伝える役となる。機密情報は、米軍所属のフィリピン人と米国軍人を両親にもつハーフがスパイするのですが、この人は旧日本軍がフィリピンで戦時中に行った暴虐な皆殺し作戦の生き残り。

色々とあるのですが、ネタばらししても仕方ない。この小説の1968年前後は私が高校生で多感な頃で、小説を読みながらああこれか、と思い出すことが多かった。大阪万博の事も出て来る。そして、小説は1975年の米軍のサイゴンからの敗走で終わる。

この小説を読んで思うのは、日米地位協定が無くなり、沖縄の米軍基地が縮小しない限りは日本の戦後は無いのだなあと、、、、米国は、ベトナム戦争後も湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争などなど行い、沖縄の米軍基地は今も常に最前線の基地扱い。戦争は人の心を荒む。


nice!(0)  コメント(0) 

マッチポンプではないですが [健康都市伝説]

昨日はビールのことを書きました。でも、マッチポンプではないですが、アルコールは出来るだけ飲まない方がよろしい。欧米の医療系メディアやWHOではアルコールの害を警告しています。アルコール飲酒量が増えると高血圧になるし、大腸癌も増える。

IMG_9897.jpg
 歳を取るとアルコールくらいしか楽しみがない ああ寂しい、、、

nice!(0)  コメント(0) 

サンミゲルビール [歳時記]

読んでいる小説にサンミゲルビールというフィリピンのビールが出てきた。私はビールの中では一番好きなビール。小説の舞台は沖縄なんで、オリオンビールでしょうが、フィリピンと米国人のハーフが出てきている。


カデナ (新潮文庫)

カデナ (新潮文庫)

  • 作者: 池澤 夏樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/07/28
  • メディア: 文庫



サンミゲルビールは確か日本のキリンが買収したはずですが、日本には輸入品しかない。ネットで購入しようかな?と思ったのですが、毎日飲みそうになるので止めた。好物はたまにとるくらいでいいのでしょう。かつ、アルコールを買うお金で古本が何冊も買える。

IMG_0013.jpg

地ビールのピルスナーも美味しいのですね。まあ、兎も角、アルコールはほどほどにですね。

IMG_7546.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

周回遅れの読書 フォークナー短篇集 [书]

フォークナーについては、名前は知っていたのですが読んだことがなかったです。1950年にノーベル文学賞を取っています。短編集を読んでみると、確かに面白い。確かにノーベル文学賞を取るだけの社会性のある作品を書いています。

フォークナーは米国南部ミシシッピー州の作家で、米国の黒人奴隷制度による白人社会の退廃や南北戦争で没落した南部社会の荒廃を描いています。これはなんともキツく重い小説となるわけです。ミシシッピ川はフランスの支配下だった歴史もあり、フォークナーはその歴史を思い起こさせる描写もしています。

読むと引き込まれるのですが、なんとも言えない気分になるんです。偏見による黒人に対するいわれのないリンチだったり、召使い扱いの黒人女性に対する性的虐待、そして南北戦争によって今までの南部社会の伝統文化秩序が瓦解してしまった様子などの描写。ある放火魔のプア・ホワイトの悲惨な生活など、、、

ヘミングウェイが明とすると、フォークナーは米国の暗を描いた作家。日本で見るテレビマスコミの米国は明るくポジティブな面が多いのですが、今の米国でもフォークナーの描く暗くネガティヴな面も持っている。現在のトランプ大統領が出現したのも、この暗くネガティヴな面が原動力となっているのでしょう。

黒人の独白にこんな台詞があります。「おれには白人の台所をうろつくことができねえ」「しかし、白人はおれんところの台所をうろついたってかまわねえんだよ。白人は勝手におれの家にはいってきても、おれはそいつをとめることもできねんだ。白人がおれのうちにはいってきてえと思うが最後、おれは家なんか持たねえとおんなじこった。おれはその白人をとめることができなえが、白人はおれをそこから足蹴りして追いだすわけにはいかねえ。それだけはできねこったよ」と、、、、(「あの夕陽」から)

これを読んで思わず苦笑してしまいました。これは1931年の作品です。しかし、現在の日米地位協定下の沖縄、いや日本全体も実際この1931年の時の米国黒人の家と同じじゃないか。

この短編集で一番気に入ったのは「クマツヅラの匂い」です。父親を殺された息子が、その殺した相手にどう対応したかを描くもの。南部社会では、親族が殺されたら敵討ちをするのが社会正義とされている時代。主人公の息子は丸腰で相手と対峙して、相手を街から追いだす。「汝、殺すなかれ」というモーゼの戒めを実行することは、当時の南部という土壤においては至難のわざと解説にありますが、父が殺されたと聞いて実家に急行する主人公の緊迫感の描写の中で真の勇者を描いた清々しさがあります。

重く暗い短編集ですが良い作品集です。


フォークナー短編集 (新潮文庫)

フォークナー短編集 (新潮文庫)

  • 作者: フォークナー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1955/12/19
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -